岐阜県の景気動向指数(平成24年7月分)

最初の経済指標を見始めてからはや1ヶ月。最初に記事を書いたのが景気動向指数だった。今回は7月分。

サマリは以下。

7月のCI(平成17年=100)は、先行指数:92.9、一致指数:99.6、遅行指数:91.3となった。  先行指数は、前月と比較して2.7ポイント上昇した。3か月後方移動平均は1.03ポイント下降し、 4か月連続の下降、7か月後方移動平均は0.03ポイント下降し、4か月ぶりの下降となった。  一致指数は、前月と比較して1.5ポイント上昇した。3か月後方移動平均は0.90ポイント下降し、 3か月連続の下降、7か月後方移動平均は0.04ポイント下降し、10か月ぶりの下降となった。   遅行指数は、前月と比較して4.8ポイント下降した。3か月後方移動平均は0.93ポイント下降し、 6か月ぶりの下降、7か月後方移動平均は0.40ポイント上昇し、5か月連続の上昇となった。

岐阜県 : 景気動向指数 月報201207

6月から先行・一致ともに指数が上昇する結果となった。消費者物価指数鉱工業生産指数大型小売店販売額などの指標をみる限り、横ばいから上昇傾向になることが読み取れたので、予想通りという感じか。

7月までの岐阜県の一致指数は、以下の通り。


www.pref.gifu.lg.jp/kensei-unei/tokeijoho/kohyoshiryo/keizai/keiki/2012/keiki201207.data/keiki_2012_07_syou.pdfから抜粋)

 

実際、一致指数の寄与度をみると、機械工業生産指数、鉱工業出荷指数、手形交換金額が6月から大きく改善することで、全体の値を上げている。(大型小売店販売額は若干改善しているものの、寄与度は小さい。)