Jリーグで最も経営状況が悪いクラブはどこか?

Jリーグで一番稼いでいるサッカークラブを以前記事に書きましたが、今日はその逆です。一番稼いでいないクラブを書こうと思います。

 

Jリーグで最も稼いでいないクラブは?

まず、稼いだ金額の多さ。2005〜2012年の8年間累計で赤字額が多いクラブです。

 

1位:ヴィッセル神戸(-36億5,300万円)

ヴィッセル神戸 | VISSEL KOBE
[scshot url=”http://www.vissel-kobe.co.jp/”]

ヴィッセル神戸は、一番赤字ですね。すごい額です。一度経営破綻しかけたところから、楽天の三木谷さんが個人出資している会社がスポンサーなわけですが、なかなか状況はよろしくないようです。年々赤字額は小さくなってますけどね。

2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012
-1,228 -669 -557 -479 -276 -240 -90 -114

(単位:百万円)

 

2位:東京ヴェルディ(-26億5,100万円)

東京ヴェルディ/TOKYO VERDY
[scshot url=”http://www.verdy.co.jp/index.html”]

Jリーグ設立初期は隆盛を極めたヴェルディですが、今やJ2の常連になっており、利益も乏しい感じです。ずっと赤字というわけではないんですが、特にJ2に落ちたのと日本テレビの赤字で費用削減が行われた2009年はインパクトが大きく、赤字額も大きくなってます。

2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012
5 -872 10 10 -1,454 -363 6 7

(単位:百万円)

 

3位:コンサドーレ札幌(-14億100万円)

コンサドーレ札幌オフィシャルサイト | CONSADOLE SAPPORO
[scshot url=”http://www.consadole-sapporo.jp/”]

コンサドーレ札幌も赤字続きです。コンスタントに。

2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012
-136 -350 -187 -152 -135 -234 -86 -121

(単位:百万円)

 

Jリーグで最も経営が安定していないクラブは?

前回の記事と同じように、単年度赤字回数を見ようと思います。8年間でずっと赤字のチームが3チームあります。が、既に出ているように、ヴィッセル神戸とコンサドーレ札幌は8年間ずっと赤字です。そして、最後の1チームが以下です。

 

アルビレックス新潟

アルビレックス新潟 公式サイト|ALBIREX NIIGATA OFFICIAL WEBSITE
[scshot url=”http://www.albirex.co.jp/”]

Wikipediaにも、経営状況に関する記載がありました。

しかし、J1昇格に伴う強化費の増加に加え、観客動員数の落ち込み等を要因とする営業収入の落ち込みもあり、2005年から公表されている収支報告では毎年営業赤字を計上した。チケット売り上げ等の興業収入は最大時の2005年に約12億円を計上したが、2012年は最大時から5億円減となる約7億円、興業収入の柱となるシーズンチケットの売り上げは最盛期の2万枚からおおよそ半減している[30]。2009年度以降は東北電力が購入した施設命名権による収入や、後援会からの寄付金等で最終的な黒字を確保しているものの、依然3億円を超える累積赤字は解消されていない[35]。

アルビレックス新潟 – Wikipedia

 

チームを強化したりJ1に昇格するためには費用が必要なわけですが、収入がないと赤字が恒常的に発生してしまうわけです。あるいは、強力なスポンサーを獲得しても、東京ヴェルディのようにどこかで状況が変わり、収入を確保することも難しくなるかもしれません。

というわけで、Jリーグがもっと継続的に栄えますように。

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です