課題を解決できる人間になる

f:id:synapse23:20090828103514j:image:w360

今の仕事で一番楽しいところは何か。

仕事をしていて年々思うのだが、昇進に対する欲求が余り強くないので困っている。ただ、仕事については結構面白いので続けているんだが、なんで面白いと感じているのかふと気づいたので、書いておく。

結局のところ、課題を解決するのが楽しいのだ。テストの問題を解くのと同じ感覚。ただし、回答の選択肢はほぼ無限大にあるし、問題そのものを変えてしまうこともある。そういう自由度も含め、課題について考えているときが苦しくもあり、楽しい。

「どうしたら良いか、考えて欲しい」とクライアントから言われ、事象を整理し、課題を抽出し、解決に導くアイデアを注入し、納得してもらう。このプロセスによって、課題が解消される瞬間が面白いからこの仕事をやっているんだと思える。

取り扱う課題の難易度も、自分の成長とともに上がっている気がするし、成長の実感と相まって、面白さを感じられている。ただ、社内だけに閉じこもっていてもなーという感じもするので、違い世界の課題を取り組む機会を作ろうかなあ、とも思う日々。