【書評】データ分析の力 因果関係に迫る思考法

データを使って何かの見解を導こうと思うとき、どう分析して、因果関係を説明しますか。

「この分析結果から、○○をやると○○が○%向上します」と明確に説明するためには、それを実現するためのデータ分析手法を知っておく必要があります。

本書は、計量経済学の著者が、データ分析の手法を数字を使わず、わかりやすく説明してくれます。

 

読んでいてすごい楽しかったし、データ分析の入門書として理解できてよかったです。

ランダム化比較試験がなぜ優れているのかに始まり、いくつかの手法のメリット・デメリットを、実例を交えて教えてくれます。

ランダム化比較試験 – Wikipedia

実際にデータ分析しようと思う人や、データ分析結果を評価する人には必要な知識かなと思います。

データ分析アプローチについて、おぼろげに理解していたのが、自分でよくわかりました。

データ分析手法を知りたいと思ったら、本書はとてもおすすめです。

 

こちらも参考にどうぞ。

【書評】会社を変える分析の力(河本 薫)