今更ながらランチャーの便利さがわかってきた

MacのSpotlightの使い方を知ってから、ランチャーの便利さがわかってきた。Ctrl+Spaceですぐにキーワード検索できて、アプリとか呼び出せる快感を味わったら、「もうDockいらないよね」という感じがする。実際、Dockは非表示に設定した。画面が広く感じるね。

 

で、WindowsでGoogleデスクトップでもランチャー代わりにできるんだね。便利。

 

GoogleデスクトップはPC内のさまざまなデータをGoogle検索することができます。ネットを使う上でGoogleはなくてはならない存在になっているので、デスクトップの各種データを同じように検索することができるのは十分に便利であることはわかりやすいのですが、Googleデスクトップならではの便利な使い方というのもあります。

Googleデスクトップにはクイック検索ボックスというものがあり、

Ctrlキーを2回押す

ことですばやく呼び出すことができます。

また、スタートメニュー内のアプリケーションも検索することができるので、このクイック検索ボックスを使って素早くアプリケーションを実行することができます。

google_quicksearchbox.jpg

 

便利じゃない?気を付けないといけないのは、アプリを呼び出すなら「スタートメニュー」に登録する必要があるってこと。スタートメニューに呼び出せば、Googleデスクトップがランチャーになります。これを覚えたから、Windowsでもタスクバーを非表示にした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です