Google App Engineを始めてみる

ふと思い立って、Google App Engine for Javaを始めてみる。Javaのプログラミングなんて、久々だ。立ち上がりで、結構いろいろつまづいたので、整理しておく。

まずは、Eclipseをダウンロード

Javaの場合は、GoogleがEclipseのプラグインを用意しているので、Eclipseを使って開発するのが楽だろう。自分の環境はMacなので、Mac版をダウンロード。このとき注意しなきゃいけないのは、Ganymedeでないとダメだってこと。それ以外のEclipseをダウンロードすると、プラグイン導入時にエラーが出て失敗する。

 

EclipseにGoogle App Engineのプラグインをインストール
英語版前提で。「Help」メニューの「Software Update」から、Google Pluginを探し出してインストールする。細かい手順は、次のサイトを見ればOK。
MacにGoogle App Engine for Javaをインストールした時のメモ – 散文抄に散る

あとはチュートリアルに従って、GuestbookというサンプルのWebアプリケーションを作ってみれば良い。結構丁寧に書いてある。

最初は警告エラーとかでて、Hello Worldにすらたどり着けなかったので、Javaのバージョンとか、ディレクトリパスとか結構調べていじってみた。結論としては、GAEのSDKのディレクトリ名が変だったからなんだけど。
ちなみに、Javaのバージョンは5でも6でもいけるらしい。あまり気にせず、バージョン5で実行中。今後のことも考えて、6に変更しようかな。。。。

 

Google App Engine for Java [実践]クラウドシステム構築 (WEB+DB PRESS plus) (WEB+DB PRESSプラスシリーズ) (WEB+DB PRESS plusシリーズ)Google App Engine for Java [実践]クラウドシステム構築 (WEB+DB PRESS plus) (WEB+DB PRESSプラスシリーズ) (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

技術評論社 2009-09-10
売り上げランキング : 7063

Amazonで詳しく見る by G-Tools