スマホで日記書くのがこんなに気持ち良いものとは思わなかった

有料アプリはあまり簡単に買わない方ですが、珍しく300円で日記アプリを買いました。Grid Diaryというやつです。

Grid Diary – 最もシンプルに日記を始める方法! 1.1.10(¥300)
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
販売元: Sumi Interactive – Xiamen Sumi Network Technology Co., Ltd.(サイズ: 21.7 MB)
全てのバージョンの評価: (145件の評価)

買ってみてしばらく経っていますが、これは買ってよかったなと思いました。

手っ取り早く操作方法を知りたい方は、こちらの記事が良いかと。

日記を「書く」んじゃない、「答える」んだ。質問日記『Grid Diary』は、やってみる価値あり | TABROID(タブロイド)

 

いつでも簡単に書ける、という手軽さが良い

僕にとって日記というのは、自分の日々の生活が、自分が思い描いているような目標に従った行動ができているか、自分の感情を客観的にみた場合にどうなっているか、をチェックするために使っています。

なので、つらつら長く書く必要はありませんし、ノートを開いて書く、とかPCの前に座って書く、となるとちょっと手間に感じてしまいます。その点、スマートフォンであればいつでも身の回りにありますし、気づいたときにさっとメモする感じで一日の行動を振り返ることができます。

そういう点では、スマートフォンというのは偉大です。いつでも人の近くにいて、すぐに触れる環境というのは、スマートフォンの最大の利点だと思っています。

 

アプリが質問してくれるから、自分に発見が生まれる

Grid Diaryには予め質問が用意されています。日記を書いている間に、自分に疑問やいろんな思いがめぐり、「明日これやらなきゃ」とか、様々なアイデアや発想が想起されるのが良いです。質問というのは意外な威力があって、質問されて初めて気づくこと、思うことがたくさんあります。

質問もいろんな種類がありますし、自分で設定することもできます。このあたりを参考に考えるのも良いのではないかと。

大抵のことは解決する→質問力をブーストする100のクエスチョン 読書猿Classic: between / beyond readers

 

というわけで、日記をやろうと思いつつ、続かないとか踏み出せない人にとっては良いアプリだと思います。来年こそは、と思う人はどうぞ。

今日はこのへんで。