「呼吸するようにブログを書く」感じでブログを書けるだろうか

こんな記事を読んで、ちょっと気になったのでそれを基にブログ書いてみる。
[N] 「呼吸するようにブログを書く」とは暮らしの中にブログを書くことが組み込まれている人

自分でブログを書いて思うのは、「あー自分って小学生並みの思考で、ださい文章しか書けないんだなー」と後悔すること。普段小説読んで、「この本わかりづら
い」「この翻訳者いけてない」とか批判しながら、そんなレベルにすら到達することができない、自分の駄作を書き溜めていて、たまにうんざりする。

でも、それでも書こうと思うから、またこうして書いている。なんでだろうと思うと、やっぱり何かを吐き出したいからだろう。自分のもやもやした考えに少しで
も輪郭を持たせたいと思うからだ。茂木健一郎も何かの講演会で、「自分の考えなんて最初から自分でわかってるわけではないんだから、自分は何かの記事を依
頼されたときは、考えをまとまるなんてことをせず、いきなり書き始めて、それで自分が何を考えているかわかる」と言っていた。だから、書きながら考えて、
考えながら書けばいいんじゃない?と最近は思う。

「呼吸するようにブログを書く」というのは、自分にとってはそういうことなのかな、とこ
の記事を読んで、今書きながらそう思っている。ネットサーフィンしてても、会話してても、誰かの眠い話を聞いてるときも、どっかの何かに「おっ」て思う瞬
間がある。そういうものに正直に反射して、自分のインスピレーションがどういう形なのかを、書くことで探っていく。自分の思考の輪郭。新しく自分に気づき
を与えてくれる存在。ブログが、そういう存在であっても良いと思うし、自分のブログはそうあって欲しいと思う。

あわせてどうぞ。