もうKindle買おうよ。僕が電子書籍をすすめる理由

いろんな人に電子書籍やKindleの素晴らしさを伝えてきたけど、何回も説明するのが疲れてきたので、改めてここでまとめて書いておこうと思います。

[browser-shot url=”http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B00CTUMNAO/tob-22/” width=”600″ height=”450″]

 

電子書籍専用端末は目が疲れない

Kindleなどの電子書籍端末は、スマートフォンやタブレットと違って、e-Inkというバックライトを必要としない仕組みで文字を描画しています。なので、紙と同じように自然の光が照らされて読めるようになるので、目が疲れないのです。

これは、実際使ってみるまで僕も「本当か?」と思っていましたが、Kindle Paperwhiteで読んだ感想としては、本当にそうです。

 

電子書籍は安い

もう当たり前ですが、電子書籍は紙の本より大抵安いです。通常でも数%は安いのが特徴ですが、それ以外にも、Amazonでは日替わりセールなどをやっていますし、Koboもしょっちゅう○○%割引クーポンが送られてきます。電子コンテンツの特徴を活かして、様々なセールのパターンが生まれているのが、電子書籍の特徴です。電子書籍を読むようになって、読む量は確実に増えていますが、本に使う金額は減ってる気がします。

セール情報は、このあたりのブログかTwitterをフォローしておくと良いと思います。

きんどう
[browser-shot url=”http://kindou.info/” width=”600″ height=”450″]

また、KindleオーナーでAmazonプライム会員の場合、Kindleオーナーライブラリーというサービスがあり、対象本はある程度限定されていますが、月に1冊無料で電子書籍を読むことができます。これまで、これらの本を読みました。

スマホで読める

スマートフォンでもアプリがありますので、外出先のちょっとした隙間時間でも読むことができます。読書量は、これによって大きく増えました。

何人かに話して驚いたのは、「携帯だと文字が小さくなる」という質問に対して、「文字は大きくできますよ」と言うと、「大きくなっても、見切れて読みづらくなるでしょ」という話でした。「いや、文字を大きくしたら、画面に合わせてレイアウトも最適化されるので、読みづらくなりません」と言うと、驚いていました。

 

PDFファイルなど電子書籍以外も読むことができる

Kindleでは、パーソナルドキュメントというサービスがあり、自分で用意したPDFなどのファイルをKindleに送信することができます。PDFファイルは正直読みづらいですが、変換ツールを使ったりすれば、読みやすくなります。

PDFファイルをKindleに最適化して「あとで読む」環境を充実させる方法 | Synapse Diary

また、Kindleフォーマットに変換するツールもあります。ただ、こちらは日本語は苦手です。

Pdf to Kindle format (mobi and azw) – Free eBook Converter

 

洋書が読みやすい

Kindleには辞書が入っているので、洋書など単語を選択すれば、すぐに辞書から調べることができます。英語の多読では辞書は引かない、というルールがあったりますが、Kindleを使えば辞書を引くストレスがほとんどないので、辞書で単語を抑えながら、スムーズに洋書を読むことができるようになります。

 

かさばらない

ここまで紹介したように、複数の本も当然ですし、論文などのPDFファイルもまとめて持っておけるので、かさばらないし、読もうと思っている電子情報が一元的に取り扱えるので、資料管理としても非常に楽です。

 

というわけで、これだけ理由があるのだから、KindleでもKoboでも良いので買いましょう。電子書籍をはじめよう。Kindleなら、今なら1980円の電子書籍クーポン付きです。

【ポイント10倍!】電子ブック 楽天kobo【ポイント10倍!】電子ブック楽天<kobo>kobo glo (…
価格:7,980円(税込、送料込)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です