臆病者のための株入門

貧乏はお金持ち」が結構良い感じだったので、同じ作者の本書を購入。Kindleで読めた、というのも大きい購買要因。

 

ちょうど今、MBAでファイナンスの勉強をしており、ファイナンスは財務諸表、市場から資金調達の考え方などを学ぶのだけれど、合わせて企業価値をどう評価するのか、という考え方も学ぶわけです。そうなると、株価と企業価値の関係にもつながるので、株式投資にも興味がわいてくるってものです。

本書の結論は「インデックスファンドに投資しろ」なのですが、その結論にたどり着くまでの説明には、いろんなエピソードや市場等に対する考え方が滔々と語られており、楽しみながら読めます。ファイナンスの知識が少しあると、面白く読めると思います。

 

個人的にはバフェット式の長期投資に魅力を感じます。インデックスファンドへの投資も良いとは思いますし、理論上効率的な勝ち方だとは思いますけど。なぜなら、最近ファイナンスの勉強のためにバフェットの本を2冊読んだので。