理不尽な上司に立ち向かう方法を考える

残念ながら、どの職場にも理不尽な上司というのは生息しているものなのかもしれない。というか、人は完全に理屈だけではできていないし、どれだけ偉くなろうとも、人は論理だけでは感情を押し殺すことはできないのかもしれない。

 

しかし、残念で理不尽な上司のせいで、いろんな人が不利益を被る場合がある。あるいは、力量不足だったり疲労困憊で、明らかに業務が回っていない場合がある。そういう場合に、どう立ち向かうべきだろうか。

 

会社なんていつ辞めても構わないというマインドを持つ

まずは精神論から。会社に雇われている、という立場を刷り込まれると、会社を辞めれないという状況に流され、立場的に弱者になる。まずこれが、理不尽なことがあっても押し殺してしまう原因になる。

 

会社は日本全国で約420万社もある。世の中には今の会社ひとつだけではないし、そう考えれば今の会社にこだわらなくたって良いんじゃないか。

 

ここで言いたいのは、立場的に弱者として自分を封じ込めてしまうと、理不尽な状況は打破できないということ。逆に、会社に居続けたいという気持ちを捨てると、途端に自分が楽になる。多少思い切ったことも言えるようになる。

 

一度は論理で対抗してみる

理不尽であるから論理は通じないのだろうけれど、まずは理詰めで攻めてみる。自分の論理が甘くて潰されている可能性もある。ちゃんと論理だてて主張をすると、理解を示してくれる大人もたくさんいる。だから、自分の主張が論理だっているかを検証した上で、一度は主張してみることが重要だ。

 

上司の上司に相談してみる

主張してみてもだめな場合は、上司の上司に連絡してみる。上司の上司は、問題の上司を管理する立場にあるのだから、問題が提起されたらそれに対して対応する必要がある。上司は理不尽でも、上司の上司は理不尽じゃないかもしれない。それでも解消されないようなら、会社は見限ることも考えても良いかもしれない。

 

理不尽な人と接したり、戦うことは、非常に心が疲れる。できるだけ適度なストレスで仕事ができると、いろんな人が力を発揮できるだろう。

 

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です