Night Shiftモードよりも目に優しいiPhoneの設定を教えるよ

AppleがiOS 9.3を発表されました。その中の目玉機能の1つが「Night Shft」モードです。

iOSのアップデート – Apple(日本)

これは液晶画面の色を変化させることで、ブルーライトを減少させる効果があります。ブルーライトは体のリズムに影響があると言われており、これを抑制することで睡眠に良い効果があるのではないかと言われています。スマホによって、長い時間液晶を見るようになった現代人とっては、目に優しい機能というのは魅力的なんじゃないでしょうか。

最近だとZoffやJINSなど様々なメガネメーカーがPC専用メガネを発売していますし、僕も使っています。あとスマホのフィルムでブルーライトカットもありますね。さらにアプリでもそういう類のものがあります。

 

で、確かに今回発表されたNight Shiftモードはよさげなのですが、それよりももっと寝る前に目に優しいiPhoneの設定があります。それが白黒反転です。画面を表示してる時にその文字の通り白と黒が反転します。

やり方は簡単です。最初に設定におけば、あとはいつでもホームボタンのトリプルクリックで白黒反転を切り替えることができます。最初の設定は、

設定⇨一般⇨アクセシビリティ⇨ショートカット

で、「色を反転」を選べばOKです。

アクセシビリティ

 

夜暗くしたベットの上で白黒反転をやってみるとわかるのですが、明らかにiPhoneから放たれる光の量が変わります。なので、眩しさもあまり感じなくなります。ちなみに、白黒反転すると、画像などは見づらくなるのですが、文字だけであれば全く問題ありません。

というわけで、ぜひ試してみてください。Night Shiftモードも良いですが、暗くなったベッドでは、白黒暗転の方が僕が目に優しくて良いです。

それにしても、iPhoneでこういう機能が搭載されてくると思いませんでした。以前からこういう色を調整するアプリとして有名な「F.lux」があったのですが、iPhone版が公開停止されて、そのあとにiPhoneに標準搭載されてしまいました。

画面の色温度を調整するアプリ『f.lux』が公開停止に。代用するなら『Gamma Thigny』か。 | ライフハッカー[日本版]

プラットフォーム側に取り込まれてしまうと、アプリ制作側としてはいきなり窮地に立たされてしまいますね。z

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!