進捗が芳しくないプロジェクトを確実に前進させる方法

いかにプロジェクトを確実に素早く遂行していくかっていう点で、ひとつ意識していることがあります。特に最近強く意識しています。

それは、「打合せでは曖昧な事項を残さない」ということです。ビジネスを進めていくにあたって、物事をいろいろ検討していきます。そこで、曖昧なままに終わってしまう事柄がよくあるんですよね。

例えば、

  • 次回の打合せはいつやるのか
  • 打合せ中に提起されたタスクは、誰がいつまでにやるのか
  • 次の打合せでは何を議題にするのか

などなどです。このあたりが具体的に決まらないまま打合せが終わると、結局誰も作業をやらない、次いつ集まるのかわからない、など、いつまでたってもプロジェクトが進まないことになります。

なので、プロジェクトを推進したい人は、ちゃんと次までのタスクの内容や期日を決めて、次の機会までに行うべきアクションを明確にしましょう。それだけで、物事は確実に素早く進んでいきます。

 

こういう話って、昔読んだ「吉越式会議」に書いてあったなー。と思い出した次第です。

【書評】吉越式会議 | Synapse Diary

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です