【MBA書評】企業分析入門

MBA同期である、だーくろと、同じテーマで何本か記事を書こうと思っています。今回は「MBA学習で有益な本を紹介しよう」というテーマです。

今回取り上げるのは、「企業分析入門」という本です。

この本は、財務分析を行うための要素が述べられているんですが、とにかく分厚い。値段もなかなか挑戦的です。これぞMBAの教科書という感じじゃないでしょうか。

財務会計の入門という意味では、こういう本の方が良いと思います。

経営分析の手始めに読む2冊 | Synapse Diary

それを超えて、もっと企業の財務状況を把握するためには、もっと深い理解が必要なわけです。

 

本の概要

企業を分析するには、どのようにアプローチすれば良いのか、ということを体系的に整理しています。企業分析は、経営戦略分析、会計分析、財務分析、将来性分析の4つのステップで行うことが示されています。

そして、その順を追って、詳細にどう分析を行うべきかというアプローチが、様々な事例を交えて説明されています。

本の読みどころ

やはり本書の読みどころは、テクニックではなく本質が語られているところでしょう。

  • 会計制度そのものがどういう成り立ちを持ち、どういう性質を帯びているものなのか。経営者による恣意性を排除することが良いことなのかどうか。
  • 持ち株会社など、株式の持ち分がある会社をどう評価すべきか。支配とは何か。
  • 企業の将来性、市場の特性を踏まえた株式の評価はどう行うべきか。

これらについて、万全な正解はないものの、どう考えることができるのか、という示唆がたくさん語られています。企業を取り巻く会計制度や株式市場がどう働き、企業はどう立ち向かうべきなのか、外部から見たときにどう分析すべきかが、大きな視点から細かい部分まで網羅的に描かれている大作です。

 

会計の基本を押さえたら、こういう本で本質に迫るのが良いと思います。MBAでも何回か会計の勉強をしましたが、単なる制度にとどまることなく、とても奥深く面白いものです。

企業分析入門 第2版

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

2 件のコメント

  • […] MBA同期の礼司さんにお誘いをいただき、MBA関連の書評を一緒に書こうときっかけをいただけたのでビジネスに関連する本を紹介して行きます。 今までの礼司さんの書評は次をご覧くださ […]