スティーブ・ジョブズの半生を描いた「iCon」

アップルの創業者スティーブ・ジョブズの半生。

分厚いわりに早く読めた。まるで引き込まれるように。

スティーブ・ジョブズは一度アップルを追い出され、 新しく作った会社で成功を収めた後、またアップルに返り咲きする。 そしてiPodなど現在のアップルの勢いを作るまでを描いている。

成功者、カリスマと呼ばれるスティーブ・ジョブズも完璧な人じゃない。 それどころか、これを読む限りはかなり欠点だらけに思えてくる。 子供というか自己中心的。 理不尽な理由で人を解雇したり、勝手な振る舞いをする。 そんな風だから至るところで衝突を繰り返す。 それでも初期のアップルで、ピクサーで、また復帰したアップルで、 成功へと導いている。

その要因はどこにあるのか。 いくつもの偶然もあるけども、それでも個人的に思うのは、 やはり「こだわり」だと思う。 根拠が薄くても(無いに等しくても)、自分のカンを信じて進む。 それぐらいの勢いが必要なときがあるように思える。

もうひとつ。「スタイリッシュ」であること。 デザインには初期のアップルからかなりこだわっていたらしい。 結果を見ていくと、それが顧客の満足感を高め、 ブランド向上にもつながるんだろう。 デザインとは見た目だけじゃない、ってことも書いてあった。

読んでおいて損はない。

スティーブ・ジョブズ-偶像復活 スティーブ・ジョブズ-偶像復活

さて、これを読んで、スティーブ・ジョブズのスピーチを思い出した。 スタンフォード大学での卒業祝賀スピーチ。 改めて読むと、やはり奥深いものがある。 良いスピーチだと思う。

あと、この本には書いてないけど、 関連したネタを覚書。 マッキントッシュの生みの親、アラン・ケイの言葉。 「未来を予測する最良の方法は、自分で作ることだ。」 良い言葉。

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です