「Groove」がiPod touchの音楽ライフを変えてくれた

Groove App カテゴリ: ミュージック 価格: 無料  

 

 

男子ハックで紹介されていて知ったけど、本当これはいい。標準の音楽アプリにはない要素をたくさん含んでいる。こういうアプリを待ってたんだよね。いくつか特徴を列挙していこうかなと。  

神すぎるプレイリストを自動作成してくれるiPhoneアプリ『Groove』のおかげで音楽生活が超充実中男子ハック

 

「Geniusができない」曲がない

Geniusは優秀なプレイリストをつくってくれるけれど、iTunesで認識してくれる曲しかプレイリストの対象に含めてくれなかったりする。だから、「この曲ではGeniusができません」とか言われると、ちょっとイラっとくる。iTunesストアで扱っていないアーティストとか多くがスキップされるし。

だけど、このアプリでプレイリストを作るときは、そういうのがない(と思う)。だから、Geniusのように基点になる曲を変えても、ほとんど同じリストになる、みたいなことにならない。  

選曲は「遠からず、近からず」

プレイリストの難しさは、ある程度親和性が高い選曲をしてくれると同時に、あまりに同じ過ぎると目新しさがない、という点にあると思う。そういう意味では、このアプリが作るリストは結構絶妙な距離感を出してる。「いや、この曲は違うだろ」と思うことはないけど、「意外だね、これ」みたいなものは結構あったりする。好みの部分もあるだろうけど、個人的には結構良い選曲をすると思う。  

Tag(Last.fmの)で選曲できる

アプリは基本無料なんだけど、アドオンを買うとLast.fmのタグからプレイリストを作れるようになる。他にもいくつか機能があるけど、有料機能の中ではこれが一番良い気がする。Last.fmのタグなので、自分がiTunesで編集した全く整合されていない情報を元にされるより正確だし、面白い。

あと、一回で作るプレイリストは基本15曲。全部再生が終わると、勝手に違うMIXを作って再生してくれる。これもまた新鮮だし、便利。しばらくこのアプリは手放せない気がするわ。基本「Surprise Me」ばっかり使ってます。

 

Google Musicのときにも書いたけど、個人で音楽を楽しむ場合でも、大量の音楽からどうやって選んで聴くか、という機能が重要だと思ってる。だから、こういう通常の音楽プレイヤーへの付加機能としてプレイリスト作成に特化するアプリというのはとても良いと思います。

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です