ジョブズ、Google Androidとの競争を語る:オープン対クローズドではなく分断 vs 統合

「オープン対クローズド」は、本当の問題から目を逸らすための煙幕というべきだろう。真の問題とは、分断と統合のどちらがユーザーにとってより良いのか、ということ。われわれは、統合がつねに分断に勝ると確信している。Googleがいかに「クローズド」と印象づけようと、アップルは統合アプローチを信じており、Googleがいかに「オープン」と主張しようとも、分断アプローチより優れていると考えている。

個人的にはアップルに賛成。市場やプラットフォームが十分に整っていない状況では、クローズドであろうとユーザが操作しやすく買い求めやすい環境を作るべき。実際、Androidはいろんなところで使われているけれど、アプリに関する情報もiPhoneに比べて少ないし、結果に結びつけるまでに時間がかかってる感じがする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です