理美容業界の状況を調べてみた

理容院や美容院の業界について、ふと興味を持ったので調べてみました。あまり需要がないかもしれませんし、専門的な人はもう知ってることだと思いますので、アップしようか悩みましたが、まぁ自分の思考の整理と思って書いておきます。

 

理容院・美容院の数の推移

まずは理容院・美容院の業界全体を見てみたいと思います。それがこちらです。

理容所・美容所の数

これを調べるまでは、人口も減少傾向にあるので、理容院や美容院の数も減少しているだろうと思っていました。しかしこれを見ると、理容所は減少し、美容院は増加しています。

男性の「床屋離れ」が進んでおり、理容業界は減少傾向が続いているようです。

男性客の理容店利用回数 減少が続く | 理美容ニュース

 

市場規模の推移

では、次は理美容業界の市場規模を見てみましょう。

施術別理容市場規模推移と予測

施術別美容市場規模推移と予測グラフ

まずそもそも、美容業界は理容業界より2.5倍あります。単価や回数の高さが影響しているものと思われます。

また理容・美容両方で市場規模が縮小しています。理容業界は、市場が縮小して店舗数も減っているので、まあそんな感じかなと思いますが、美容業界は市場が縮小しているのに店舗数は増えています。これは、美容業界がオーバーストア状態であると思われます。

 

美容師の数

色々厳しい数字が並んでいますが、美容師の数はどうなっているんでしょうか。こちらの記事にまとめた内容があったので引用させていただきます。

では、美容師の数はどうでしょうか。 美容師の数は平成25年度は48万7636人に比べて、平成26年度は49万6697人で9061人増加しています。この数字だけを見ると増えているように感じられるかもしれませんが、美容学校を卒業し、平成26年に新規美容師免許を交付を受けている数は1万8428人います(公益財団法人理容師美容師試験研修センターのデータより)。しかしながら、約9000人しか増えていないということは、1年間で約9000人の美容師が辞めてしまっていると推測することもできます。

美容室・美容師の数から読み解く現状|美容師/美容室の求人・転職【ビューティーキャリア】

実態がどうなっているのかは、ちょっと数字が見つからなかったので確かな事は言えないです。

 

美容師の給料

統計の数字だけ見れば、給与が低いです。

平成27年度のデータでは10~99人規模に勤める美容師・理容師の平均年収は287万円、100~999人規模は281万円、1000人以上規模は288万円、10人以上規模平均286万円となっています。

美容師の給料、年収 | 美容師の仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden

さらに、年齢が上がっても年収が上がらないようです。そのため、一定の年齢になると独立してオーナーになるか、転職を選ぶのかもしれないですね。

なぜ美容院はオーナー一人勝ちなのか? | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

ここまで見てくると、市場として厳しい状況のなかで、若手を雇い、年齢が来たら独立して行くというこれまでの業界モデルが崩れて来ているのでしょう。様々な付加価値をつけたり、多店舗展開して人材育成するなど、新しい業界構造が求められて行くんだなと思いました。

 

ちなみに、マーケティングの観点で見ると、この業界はホットペッパービューティーが大きな力を持っている状態です。検索をすると、やはりホットペッパービューティーに対するいろいろなコメントが見つかります。

高すぎ!?ホットペッパービューティー依存症の仕組みとデメリット | 横浜市・品川区周辺の美容室開業なら萩原健志税理士事務所

美容業界に限らず、特定のプラットフォーマーにに集客を握られてしまうと、その中に広告を投じて集客することに依存せざるをえず、抜け出すのは難しくなります。

とは言え、地理的な近さや口コミも働きやすい部分もあるので、自社メディアを作ったり、いろんな宣伝に力を入れるのは重要じゃないでしょうか。

今日はこの辺で。楽しんでいきましょう。

 

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!