いつでも手軽にメモを書くならSimplenote。Evernoteから乗り換えた理由

僕は、Evernoteを長年愛用してきました。ウェブクリップや自分のメモなどたくさんの用途で使ってきたのです。

「アイデアを作り伝える技術」を読んでEvernoteを整理した

2011.05.21

Evernoteって使うほど便利に感じて仕方ない

2011.06.02

2016年6月に、Evernoteがプランの改定を行い、端末の利用数が制限されました。

Evernote の価格プランの改定について – Evernote日本語版ブログ

無料プランはそれまで台数制限がなかったのが、2台までに制限されるようになりました。それを受けて、利用端末を制限して使い続けていましたが、最近Webクリップなどは利用頻度が少なくなってきていました。

最近では、ブログを書くためのネタ帳としてよく利用していましたが、ふと「ネタ帳ぐらいであれば別にEvernoteじゃなくても良いのでは?」と思うようになりました。

 

Evernoteの代替で探したのがSimplenote

ということで、Evernoteの代替になるアプリを探すようになりました。探す際の条件としては、「テキストをマルチプラットフォームで同期してくれる」ということでした。

いくつか検索し、上記を満たしたのが、Simplenoteでした。

Simplenote

Simplenote

Simplenoteはマルチプラットフォームに対応しており、Windows、Mac、Linux、iOS、Androidに対応しています。これだけ対応していれば充分です。もちろん、ブラウザからも利用できます。

リッチな機能はありませんが、テキストネタだけであれば、その名の通りシンプルで使いやすいです。書くという行為に集中できますね。

 

ブログのネタ帳に向いているのでは

使ってみてわかったのは、Simplenoteはブログのネタ帳に向いている要素がいくつかあるということです。

まずMarkdown記法が使えます。MarkdownはHTMLコードを素早く書けるので、ブログを書くときは必須になっています。

ブログを早く書きたければMarkdownで書こう

2013.04.22

Markdownで書いて、すぐに見栄を確認できるのは手軽で便利ですね。

また、文字数のカウントもできます。書いた記事がどれぐらいの文字数になっているかを簡単にカウントできるので、こちらも便利な機能です。

1つだけ注意が必要なのは、Simplenoteには二段階認証はありません。なので、安全に使いたいなら、2段階認証ができるEvernoteの方が良いでしょう。僕はあまり重要でない情報だけをSimplenoteに掲載することをようにしました。

 

ということで、テキストだけを様々なデバイスで同期したい。しかも無料で。という方には、Simplenoteは非常におすすめです。

Simplenote

Simplenote

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!