都道府県別の博物館・美術館数

博物館や美術館が好きだ。
今は岐阜に引っ越してしまったが、東京に住んでたときは、いろんな博物館や美術館が、狭い地域内にたくさんあり、イベント展示も多く行われていたので、よく足を運んだもんだ。
 
しかし、岐阜に引っ越してきて、少なくとも東京ほど近くには美術館や博物館の存在を感じなくなってしまったので、少し寂しい。
 
で、ふと思いついて都道府県別の博物館・美術館の数を調べてみた。すごいね。ちゃんと統計情報として文科省がデータをとっている。
最新が平成17年度のデータになるけれど、都道府県別の数はこんな感じ。

 

(データ元:平成17年度社会教育調査:文部科学省)
 
やっぱり東京がダントツに多い。人口密度が高く、それだけ博物館や美術館に興味を持つ人も多いからだと思われる。
ランキングを見て面白いのは、単純にお金に余裕があったり、人口の多さには必ずしも関連しないこと。
 
長野県が2位と高かったり、日本第2の都市大阪は意外にも12位と低かったりする。確かに、大阪と美術館はあまりイメージとして結びつかない。
 
都市のカラーがこういうところにも出たりする。こういう数値を見ると、地方都市だって、いろんな味があったりするのかも。
自分が望む都市を選べるならば、こういうところも考えていきたいもんだ。