モバイルWi-Fiルーターは自宅用でも十分実用的なレベル

自宅用としてモバイルのWi-Fiルーターを導入しました。どんどん普及しているようですが、モバイルのWi-Fiルーターを導入することで、いろいろ価格が安くなるなーと実感しました。

 

「TryWiMAX」で自宅の電波環境を確認する

モバイルWi-Fiルーターといえば、WiMAXです。いろいろ調べてみると、無線なのでやはり電波状況によっては使いづらいという意見もネット上ではありました。

WiMAXを契約しても、自宅で電波が入らなければ涙目です。そういうリスクを回避するため、まずは「TryWiMAX」で無料体験しました。

Try WiMAXレンタル|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+
[browser-shot url=”http://www.uqwimax.jp/signup/trywimax/” width=”600″ height=”450″]

 

簡単にいえば、15日間無料でWiMAX端末を試すことができるサービスです。素晴らしい。これで自宅の電波状況が問題ないことを確認できたので、予定通り端末を返却しました。

 

端末を選ぶときの条件

TryWiMAXで申し込んだのと同じ端末として、「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」を選びました。

いくつか価格なども含めて調べたのですが、決め手としては次のような感じです。

 

WiMAXは新規格が拡大している。最新にすべき。

WiMAXの新しい規格として「WiMAX2+」が、対象エリアを拡大してきています。

記者の眼 – エリア広がるWiMAX 2+、超高速なれど速度規制ルールも“超複雑”:ITpro

まだまだ進歩する業界なので、最新機種にしておくのがリスクヘッジかと思います。2年契約になることを考えると、契約時点で少し古い機種にしてしまうと、こういう新技術の恩恵を受けることが難しくなります。

 

auスマートフォンを使っていれば月額割引受けられます

auでスマートフォンを契約している人は、「auスマートバリューmine」というセット割を受けることができます。通常は、モバイルルーターを2年契約の場合は月額734円、4年契約の場合は934円割引になるようですが、今は2年契約でも月額934円割引になります。

スマートフォンとルーターのセットでご検討の方 | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

ちなみに、auスマートバリューmineの登録方法がよくわからなかったのですが、まずは契約したプロバイダーで、auスマートバリューmine適用の申し込みを行う必要があります。その後、auショップかコールセンターでプラン変更に申し込みましょう。

プラン変更には、モバイルルーターの番号が必要です。以下の方法で確認することができます。

ルーター電話番号の確認方法 | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

 

それ以外にも、「今ならタブレットを無料で」とか様々な割引きプランがありました。が、結局は上記の条件を満たす「とくとくBB」で契約です。

というわけで、今は自宅でも出先でもモバイルルーター生活です。光通信などに比べれば速度は劣りますが、特に生活上問題あるレベルではないな、という感じです。出先でも快適にネットができますし、これで節約にもなれば、モバイルルーターという選択は本当アリだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です