iPad Airを買ったら、新しい生活がやってきた

先日、iPad Airを買いました。ちなみに買ったのは、Wi-FIモデルの16GBです。結論からいうと、「みんな買っとけ、損はない」です。

Apple – iPad Air
[browser-shot url=”https://www.apple.com/jp/ipad-air/” width=”600″ height=”450″]

 

タブレットは必需品になる

タブレットの出荷台数は、パソコンを超えるのも間近の状況です。それぐらい、タブレットは既に普及しているのです。

こうしてパソコンは今後も減少が続くが、タブレットは伸び続ける。来年1年間の出荷台数比率は、パソコンが50.4%、タブレットが49.6%となり、ほぼ同じになる。その後両者の数は逆転し、2017年にはパソコンが39.5%、タブレットが60.5%になると、カナリスは予測している。

タブレットの世界出荷台数、来年はパソコンと同数に 2017年にはパソコンの1.5倍超、英調査会社の予測:JBpress(日本ビジネスプレス)

つまり、タブレットという存在はもっと当たり前になるし、ビジネスでもプライベートでも、いろんな用途で使われていくでしょう。

 

使ってみた感想

世間的に言われていること通りで恐縮ですが、「閲覧は非常に快適、入力には向かない」です。まさにスマートフォンとパソコンの中間になるもので、大きくて視認性が高いディスプレイというのは、生活や業務に新しいパターンを与えてくれます。

まず、雑誌や漫画の電子版が読めるようになったこと、KindleだけじゃなくてKoboやBookliveを大きな画面で読めるようになったことが嬉しい。これまでは、スマートフォンで読めるような可変レイアウトの電子書籍しか買ってきませんでしたが、タブレットがあれば、雑誌や漫画などの固定レイアウトでも全く問題ありません。特にRetina Displayの見やすさといったらもう、という感じです。A4よりは小さいサイズのはずですが、全然読みづらくありません。

最初は「買って何に使うんだろう」という疑問も自分の中にありましたが、手にしてから使い方を考えるようになり、生活が変わることが実感できる、ということを買った後に感じました。iPad Airは片手で持てますし、非常に読みやすいディスプレイになっています。その手軽さと大きな画面というのは、生活や業務の中で使ってみて、いろいろ発見していくものかもしれないな、と思いました。

 

せっかく買うならお買い得な方法で

Apple製品はあまり値引きされませんが、一応お得になる方法があります。それが「ソフトバンクWi-Fi」を付ける買い方です。Appleオンラインストアで買うと、ソフトバンクのWi-Fiが2年間無料ということを知ったので、今回はAppleオンラインストアで買いました。

iPad Air / iPad mini Retinaをお得に購入するたった2つの方法【旧iPad/iPad miniでも可能】 – 価値のあるお買い物日記

ソフトバンクWi-Fiは、ソフトバンクのWi-Fiスポットが設置されてある場所で、Wi-FIを利用できるというものです。

ソフトバンクWi-Fiスポット | モバイル | ソフトバンク
[browser-shot url=”http://www.softbank.jp/mobile/network/wifispot/” width=”600″ height=”450″]

Appleオンラインストア以外にも、ソフトバンクショップで買った場合もソフトバンクWi-FIを無料オプションとして付けられるようです。

あとは、学割と消費税増税前の駆け込みですかね。学割に関しては、5000円のiTunes Storeカードが付けられます。

「新学期を始めよう」キャンペーン – Apple Store (Japan)
[browser-shot url=”http://store.apple.com/jp/browse/campaigns/back_to_school” width=”600″ height=”450″]

ということで、僕のタブレットライフがスタートしました。買って使ってみて、確実に今後もタブレットの利用は増えていくなと確信しました。どこまで伸びるか今後が楽しみです。