FriendFeedはTwitterというサービスがあってこそ有意義である

FriendFeedは、個人が扱っている情報を集約する仕組み。FacebookやtwitterやFlickrなどなど、各種ソーシャルサービスの情報を、一箇所に集める。

これの何が便利か、ということについて、やっとわかってきたので、書いてみる。

FriendFeedは、twitterという存在があってこそ、非常に意味が出てくる。
FriendFeedで集められた情報が、全てtwitterを経由して展開されるからだ。

①自分が興味ある情報や発信している情報を集める(FriendFeed)
②集約された情報を、つながっているユーザに周知する(twitter)

せっかく集めた情報も、見られなければ意味がない。そこで広告・宣伝の機能をtwitterが担うわけだ。
 
だから、極論を言えば、FriendFeedは一度Feedを登録しておけば、後は放置していても構わない。他にもいろんな機能があるみたいだけど、とりあえず初心者は、そういうマインドでよいと思う。

ちなみに、自分は次のサービスを登録している。

・Flickr
・twitter
・Google Reader
・tumblr

この記事を参考に書きました。
ブログを書いている人が FriendFeed を始めるべき7つの理由 | Lifehacking.jp

 

Twitterの本
Twitterの本

posted with amazlet at 09.08.23

関根 元和 上野 祥子 秋田 真宏
インプレスジャパン
売り上げランキング: 53068

あわせてどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です