スマート・グリッド

スマート・グリッドを目にする機会が増えてきた。
エネルギーはどこへ行く?日本のスマートグリッド導入について考えてみた | greenz.jp グリーンズ
コンピューターと電話のような「進化」が電力網で起きる:日経ビジネスオンライン
スマート・グリット|町田洋次の社会起業家・エッセンス

果たして、スマート・グリッドは日本でも活用されるのだろうか。

少し話は飛んでしまうが、日本のエネルギー自給率は、定義にもよるが、<br />
原子力発電を含めない場合は5~6%、含めると20%程度らしい。<br />
<a href="http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4060.html" target="_blank">h<wbr>t<wbr>t<wbr>p<wbr>:<wbr>/<wbr>/<wbr>w<wbr>w<wbr>w<wbr>2<wbr>.<wbr>t<wbr>t<wbr>c<wbr>n<wbr>.<wbr>n<wbr>e<wbr>.<wbr>j<wbr>p<wbr>/<wbr>h<wbr>o<wbr>n<wbr>k<wbr>a<wbr>w<wbr>a<wbr>/<wbr>4<wbr>0<wbr>6<wbr>0<wbr>.<wbr>h<wbr>t<wbr>m<wbr>l<wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></a><br />
<a href="http://www.otv.ne.jp/%7Eshima-t2/kankyou/pdf/09sigen.pdf" target="_blank">h<wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr>t<wbr>t<wbr>p<wbr>:<wbr>/<wbr>/<wbr>w<wbr>w<wbr>w<wbr>.<wbr>o<wbr>t<wbr>v<wbr>.<wbr>n<wbr>e<wbr>.<wbr>j<wbr>p<wbr>/<wbr>~<wbr>s<wbr>h<wbr>i<wbr>m<wbr>a<wbr>-<wbr>t<wbr>2<wbr>/<wbr>k<wbr>a<wbr>n<wbr>k<wbr>y<wbr>o<wbr>u<wbr>/<wbr>p<wbr>d<wbr>f<wbr>/<wbr>0<wbr>9<wbr>s<wbr>i<wbr>g<wbr>e<wbr>n<wbr>.<wbr>p<wbr>d<wbr>f<wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></a>

化石燃料の代表である石油の枯渇はあと30年とか40年とか言われている。<br />
現時点で判明している埋蔵量と消費量から、そういう数字は出ているのだし、<br />
ある種正しいのだと思う。

一方で、ずっと前から「あと30年」みたいな記事を目にする不思議さもある。それは、随時新しい油田が世界各地で見つかっているからだろう。

ここで、「石油がいつなくなるか」みたいな議論をしてもしょうがないように思えるし、この記事で書きたいのは、そんなことではない。

石油が有限の資源であることは変わりないのだから、いつなくなっても良いように、リスクヘッジするのが望ましいと思うのだ。

あとは、制度や技術や費用などが問題となる。さて、日本は代替エネルギーの活用が叫ばれて久しいが、社会的な仕組みとして、それを受け入れやすい状態になっているのだろうか。

それが違うらしいのだ。<br />
&nbsp;

<wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr><wbr>

ただし、日本の電力会社は発電から送電まですべてを管理しており、エリア毎に9つに分かれた電力会社がそれぞれ完結して機能しているため、風力発電などの新しい再生可能エネルギーを送電線網に取り入れ難いという問題がある。

風力発電などで大量に発電しても、その電力を送電線網に入れると電力の質が下がるなどの理由から、せっかくの再生可能エネルギーがきちんと生かしきれていないというのが現状。火力や原子力など既存のエネルギーでも十分まかなえているため、その問題を解決しようとする動きが少ないのかもしれない。
エネルギーはどこへ行く?日本のスマートグリッド導入について考えてみた | greenz.jp グリーンズ

なるほど。つまり、インセンティブが働きづらい、ということらしい。専門家ではないので、電力の質が下がる、というような理由を否定するつもりもないけれど、代替エネルギーへの転換をインセンティブとして働かせるような仕組みを作ることが、市場社会での効率の良い発展の仕方のような気がする。

さて、米国ではGoogleがスマート・グリッドを推進している。<br />
正式にはGoogle.orgという社会的貢献を目的とした組織で、<br />
カリフォルニア州に、電力計測に関する提言も行っている。<br />
<a href="http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20388039,00.htm">グーグル、「Google PowerMeter」でスマートグリッド分野に参入:マーケティング - CNET Japan</a><a href="http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20388039,00.htm" target="_blank"><wbr></wbr></a><wbr><wbr><br />
Energy Information<br />
<a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/Google.org">Google.org - Wikipedia</a>

PR動画もかっこいい。

<object height="340" width="560"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/6Dx38hzRWDQ&amp;hl=ja&amp;fs=1" /></object>

<span style="font-weight: bold;">あわせてどうぞ。</span><br />

 

</wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr></wbr>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です