TwitterのAPI1.0終了は、Twitterの今後の戦略の布石

WordPressでWordTwitというプラグインを使っていて、ここ数日急に利用できなくなりました。原因は、TwitterのAPIで旧バージョン(1.0)の利用ができなくなったためです。

【スマホヘッドライン】Twitter API 1.0の提供が遂に終了!うまくツイッターできない人は要確認! -2013/06/12- » アンドロイド用アプリが見つかる!スマホ情報ならオクトバ

 

で、WordTwitはどうやらバージョン1.0で稼働していたので、動かなくなってしまったということでした。その後プラグインがバージョンアップしましたが、設定を引き継いでくれるわけではなく、再度設定しなおさないといけないということで、この記事を見ながら再度設定しなおした次第です。

ブログ記事投稿時にTwitterで自動ツイートする方法 – WordTwitの使い方 | WordPressのプラグイン | WP SEOブログ

 

確か、当初の予告は3月ぐらいには終了するようになっていたはずが、その後5月とアナウンスされ、それも何となく延期されていたようです。

TwitterからのRSS取得が2013年3月5日で打ち切りへ – GIGAZINE

TwitterがAPI 1.0の完全廃止日をアナウンス アップデートしてない人は急げ!

 

サードパーティ開発者は終了になっていろいろ泣いているようですが、数日経ってWordTwitのように対応を進めているようです。人間、やっぱり追い詰められないと動かない、ということでしょうかね。あるいは切り替わってみないとちゃんと動作するかわからない、というようなこともあったのかもしれません。

ちなみに、過去に自分で作ったYahoo!Pipesでも、Twitterについては取得できなくなっているようです。残念。

Twitter、はてブ、Yahoo知恵袋からキーワードを元にRSSを吐くYahoo Pipesをつくった | Synapse Diary

 

TwitterのAPI変更は、恐らく囲い込みの強化なんだと思います。サービス開始からこれまで、APIを積極的に解放することで多様なサービスを登場させ、生態系を拡大してきたTwitterですが、利用ユーザー数の拡大という成長期から、マネタイズを確立させる時期に入っており、いろんなサービスを内包したり内製する動きが強くなっているように見えます。最近、アクセス解析機能を投入したりもしてますね。

この記事にあるように、Twitterは、GoogleやFacebookと同じように、広告収入モデルです。なので、自社サービスに直接誘導する必要があります。Facebookと違って開放的な施策によって拡大してきたTwitterも転換点かな、と勝手に思っています。

Twitter Revenue to Hit $400 Million By 2013 [STUDY]