Flickrのサービス内容が大きく変更されました

[browser-shot url=”http://www.flickr.com/” width=”600″ height=”450″]

今日Flickrからメールがきていて知りましたが、Flickrのサービス内容が大きくアップグレードされました。僕はProアカウントを購入してたんだけど、アカウントの種類が変わったり、サービス内容が見直されたようで、ビジネスモデルのレベルで変更があったようです。

 

アカウントの種類

これまでのFlickrはFreeとProの2種類でしたが、今回の変更で3種類になったようです。

アカウントの種類内容
Free無料。容量は1テラバイトまで。広告表示。
Ad Free年間49.99$。広告非表示。
Doublr年間499.99$。容量は2テラバイトまで。広告非表示。

Flickr: Help: Free Accounts, Upgrading and Gifts

というわけで、既にProアカウントという考えはなくなりました。

 

この変更をどう考えれば良いか?

基本的に、料金の源泉は容量ではなく、広告の表示/非表示になったということです。ちなみに、1テラバイトあると、50万枚以上の写真に相当するそうで。
Flickr: Help: Free Accounts, Upgrading and Gifts

個人からみれば、有料になる理由は減ったんじゃないかと。まだあまり広告がどう表示されるのかわかっていないですが、あまりにもうざく感じなければ、有料になる人は減るんじゃないかという気がします。

Googleも写真などのデータ管理を15GBを無料で提供していたりするので、Flickrも競争性を打ち出さなければいけない状況で、Flickrの門戸を広げるという意味では、良い変更になったんじゃないかと思います。

 

Flickrのビジネスモデル

Flickrはデータ容量を中心とした有料モデルではなく、広告収入+料金徴収モデルに変更したといえます。どちらかというと、広告の比重が大きくなるのかな。

このあたりの記事から、ハードディスクの容量が劇的に低下しているのがわかります。
HDDの価格下落の傾向を調べてみたよ (2001年~2009年) – ぱらめでぃうす

一方で、世界でみてもネット広告のシェアは広告市場で伸び続けており、約2割のシェアがある。
ネット広告、世界でシェア2割に 12年は10兆円 :日本経済新聞

あとは、広告がどの程度マッチング効果があり、広告媒体としての価値があるか、ということにかかってくると思う。

 

Yahooに買収されてからあまり変わっていないと言われていたFlickrも、ついに新しい方向に進みだしたようで。ユーザーとしては良い方向に改善して欲しいもんです。

ヤフーがどのようにFlickrをダメにしたのか? スタートアップが大企業に買収されるということ : ギズモード・ジャパン