アメリカの公共機関HPランキングにみるトレンド

アメリカの公共機関のHPランキングが発表されてましたよ。

2012 Best of the Web Award Winners Announced

2012 Best of the Web Award Winners Announced

いくつか特徴を感じたので、メモ書き程度にさっくりと。

CIOによる取り組み

記事を読めばわかるけど、CIOによるコメントが出てくる。日本の地方公共団体ではみられない。CIOであれば、HPによるアクセシビリティや情報の透明性の確保などは重要な取り組みになる。

わかりやすいカテゴライズによる情報検索の容易性を追求

トップページはカテゴリーで分類して、できるだけ情報量を少なくしているのはトレンドかな。これについても、アクセス結果を分析して、カテゴリーを研究したり、サイトデザインを工夫したりした結果。

検索、地図へのマッピング、ソーシャルサービス、モバイルなど複数のチャネルを用意

アクセシビリティや情報の透明性を高めるために、情報提供の仕方に多様性を持たせているのもトレンド。いろんな情報を地図にマッピングしてみたり、ソーシャルサービスでインタラクティブにやり取りしたり。

あと、モバイルへの取り組みも大きい。明らかにPCよりモバイルでのWebアクセス数は伸びているので、市民のアクセシビリティを向上させるには、モバイルへの取り組みは欠かせない。これはFacebookのような民間でも同じ。

Twitter、Facebook、Flickr、YouTubeなどソーシャルサービスを活用

ソーシャルサービスを利用して、市民とエンゲージすることを重視するトレンドは広がっている。LouisvilleがSocial Media Centerとして、Twitter、Facebook、RSS、YouTubeなど各種ソーシャルメディアに接続しやすい状況を作っている。市長や各種サービスによって、どのソーシャルメディアが提供されているか、一目瞭然。

[scshot url=”http://www.louisvilleky.gov/socialmediacenter“]Social Media Center – www.louisvilleky.gov – LouisvilleKy.gov

もう当然という感じになってるね。Pinterestで自治体の写真を集めてギャラリーにしているところもあるし。利用の仕方はいろいろある。

[scshot url=”http://pinterest.com/cityoftylertx/”]City of Tyler Texas Government (cityoftylertx) on Pinterest

 

 

というわけで、Top3のサイトは以下です。興味がある人は、直接みてみるといいよ。

[scshot url=”http://www.louisvilleky.gov/”]Louisville Metro Government Official Website – Louisville, Kentucky (USA) – www.louisvilleky.gov – LouisvilleKy.gov

[scshot url=”http://www.orangecountyfl.net/”]Home | Orange County Gov FL (official)

[scshot url=”http://www.alabama.gov/portal/index.jsp”]alabama.gov: The Official Website of the State of Alabama

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です