東京スカイツリーと東京タワー

最近、昔書いたスカイツリーに関する記事へのアクセスが急に増えた。スカイツリー開業記念だろう。まさかこのブログでそんなことが起こるなんて思ってもなかった。

東京スカイツリー建設の目的 | Synapse Diary

東京スカイツリー建設の目的 | Synapse Diary

 

それはそうと、東京スカイツリーと東京タワーについて気になる記事をいくつか貼っておく。

 

まずは今後の東京タワーに関する記事。東京タワーは東京タワーで、自分の存在価値を今後も模索することになる。

 しかし、「移行後もテレビ6局は、災害などでツリーから電波が送れない場合の予備電波塔としてタワーを利用する契約になっている」と、東京タワーを運営する日本電波塔。テレビ以外でも東京タワーの役割は大きく、ラジオのFM各局のほか、大地震の際に東京駅を中心とした100キロ圏内を走るJR東日本の列車を緊急停止させる信号を出す「防護無線用アンテナ」、東京都環境局の大気汚染調査用測定機器も取り付けられている。
東京タワーはどうなる? スカイツリーと「共存共栄」目指す+(1/2ページ) – MSN産経ニュース

 

次はニューズウィークから。これを読むと、イメージが先行して、お金が生まれるイベントを起こしたかったということなんだろうか。

「スカイツリーを作らず、東京タワーに新しいアンテナを取り付けるという手もあった」と、上海在住で、東京に暮らした経験のあるフランス人通信アナリストは言う。「複数の高層ビルの屋上を使い、アンテナ群を設置してもよかった。スカイツリーの建設プロジェクトは、公式には電波塔利用が目的だとされているが、それだけではないと思う。イメージの問題だろう。オリンピック招致のようなものだ」
スカイツリーは東京衰退のシンボルだ | 東京に住む外国人によるリレーコラム | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

Wikipediaも結構面白い。大店法みたいな地域の商店街への影響も生じてますよ、と。

東京スカイツリーができることにより多くの観光客が当地を訪れ、地元の商業が活性化することが期待できる。しかし、テナントを募集する際は地元の商店を優先したものの家賃が高いことから(墨田区の坪単価は1万前後だが、スカイツリーは3 – 5万)1軒も入らないことに決まった[119]。結果、東京スカイツリーには大規模な商業施設が併設され、短期的に見ると地元商店街を圧迫するおそれが大きい[116]。
東京スカイツリー – Wikipedia

 

 

最後はこれ。相当シニカル。

「ありがとう、スカイツリー」 一日限りの夢舞台、解体始まる

「ありがとう、スカイツリー」 一日限りの夢舞台、解体始まる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。