ソーシャルメディアの利用は今後も確実に増えていくんだろうな

アメリカの都市では、ソーシャルメディアの利用が増えている。

The Best Social Media Cities — Local Governments Ranked

 

こっちの記事では、企業での比較になっているが、日本よりアメリカの方がソーシャルメディアの利用が盛ん。

I and my seminar students investigated the top 100 Japanese brands and the US brands’ facebook and Twitter activities in January, 2012 (study 2). Our initial analysis has shown that fewer Japanese brands are active both on Twitter and Facebook when compared with the top US brands. We also observed that Japanese brands in general ask fewer questions, post less frequently, don’t address their fans directly, don’t initiate conversations, share less amount of information and don’t allow fans to post on their Facebook walls. The top 100 American brands investigated in this study seemed to be way more active and assertive compared to the top 100 Japanese brands.
Asiajin » A Summary of the Latest Studies about Japan & Social Media

 

日本人はソーシャルメディアにおけるリスクを取りたがらない傾向にあるからだろうか。それでもこれまで確実に普及が進んでいるし、今後もソーシャルメディアの利用が増加していくトレンドは変わらないだろう。

ソーシャルメディアをやっている企業も「やり方がよくない」とか批判されたりするし、やらない企業はそれはそれで社交的でない、みたいなレッテルを貼られるんだろうな。難しい時代だ。

 

ちなみに、ギャップのソーシャルメディアガイドラインがわかりやすくて結構良い印象。

フツーの人にこそ読んでほしい、米ギャップ社のソーシャルメディアガイドライン | PR FREAK