無意識の底にあるものを引き出す

 

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法で推奨されていたので、読んでみました。確かにこれは面白い。仕事や日常の生活でも、自分の思考パターンに新しい一面を与えてくれる。

脳は、自分が意識して処理している部分と、意識せずに処理している部分があり、「直感」と言われるものは、後者である。さらに、自分が意識していると思っていても、無意識な部分が作用して、自分の思考や行動を決めていることもある。

この無意識に処理している部分は、正しいこともあれば、誤っていることもある。でも、ちゃんと訓練してゆくと、無意識に処理している部分の判断力を高め、かつその力を意識して処理するところまで引き出すことができる。

これは非常に興味深い。まず自分にできることは、日頃の直感の感度を上げてみる。何かピンとくるものに大使、素通りしない。そして、その直感の理由を考えて、言語化してみる。これを繰り返すことによって、無意識の底にある、自分でも気づかない部分を引き出すことができるかもしれないのだ。

意識と無意識の力をつなぎ合わせて、判断力を上げてゆく。そんなことが自分の脳だって可能なのかもしれない。