ファミリービジネスが成功するためには

geralt / Pixabay

ファミリービジネスが成功するために必要なことは、いろんなことがありますが、個人的に重要だと思うのは、「家族の繁栄」を考えるという視点です。

一見すると、企業と家族というのは別の物であり、公私混同や良くない、という考え方が正しいように思えます。それはそれで重要ではありますし、企業のお金を私物化するなどは問題でしょう。

ただ、以前の記事で述べたように、ファミリービジネスにおける家族というのは、人材の供給源になっていますし、経営に直接・間接的に関与する人が多いので、家族間の関係が悪化すると経営が難しくなる傾向にもあります。

 

常日頃から、家族の中で定期的に会話を持ったり、円滑なコミュニケーションの状況を保っておくことが、非常に重要になります。会社は家族を支える収入源でもありますし、どちらか一方だけ繁栄すれば良いわけではありません。

また、以前読んだ「同族経営はなぜ3代でつぶれるのか?」から引用しますが、

片方の要素であるビジネスの繁栄とは、ビジネスが長期に渡って成長し、利益を上げ、配当を行い、更なる成長のための再投資を行うことでしょう。  一方ファミリーの繁栄とは、一族が協力関係を育み、情緒的に満たされた状態を続けられることです。ビジネスはお金を生み出すものであり、ファミリーは愛情をはぐくむものです。  この「お金」と「愛情」という、一見すると相反する「成功」の形を両立させ、世代を超えて維持する力を身に付けたときに、ファミリービジネスは真の意味で成功したといえるのではないでしょうか。

という考えが重要になります。

ただ、僕の経験から話せば、家族も時間とともにそれぞれが自立したり自分の考えができてきて、微妙に歯車が噛み合わなくなるときがあります。あるいは、後継者候補にしっかりと思いが伝わらないこともできてきます。そうなると、少しずつ距離感ができてくるのです。それは家族でなくても同じだと思いますが。

それを解消するためにも、家族間・家族内でちゃんと意思疎通を図れる土台が必要で、それが日頃からのコミュニケーションにあたるわけです。

 

ファミリービジネスの特徴は「長期的思考」であり、それが強みにもつながります。そのためには、家族と企業が良い関係で双方繁栄できる方法を考え続けることが、良い結果を導くことになるのでしょう。

参考:
人材・組織システム研究室:ファミリービジネス(所有と経営の一致)の「長期的」「継続性」「我慢強い」面から学ぶことがあるはずです。

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です