福田和也の超実践的「文章教室」

ブログを書いてみてわかったのは、上手な文章は簡単には書けないということ。愕然として、たまに書くのが嫌になる。名文を書くために必要なエッセンスというのを、具体的な文豪たちの文章から具体的に教示してくれるなんて、贅沢な一冊。

ネットでは文字が溢れていて、僕も日々消化している。その中で、読みやすい文章、読まされてしまう文章というものが確実に存在する。玉石混交の中で人の目に触れてもらうのは、そういう文章を書ける人だろう。

周囲に対する「違和感」を大切にすること。目の前の事象を丁寧に描写すること。

ちなみに、いろんな題材が取り上げられるので、つい読みたくなる本がたくさん出てきて困った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。