「ピクサー」を読んでお金と戦略のケーススタディとして良いなと思った

トイストーリーなどで有名なピクサー。そのピクサーについて、実際のCFOがピクサー参画から上場して辞めるまでの一連を記した一冊がこちら。

ピクサーといえば、スティーブ・ジョブズ復活のひとつであり、画期的なCGアニメーションと創造的なストーリーなどで有名です。

華やかな成功物語ぐらいしかイメージしていませんでしたが、本書で実際の中身の話を知ると、ピクサーも難しい状況を歩んできたことがわかります。

著者がピクサーに参画したとき、ピクサーは収益源が乏しく、長編アニメの成功に依存するしかオプションがほとんどない状況。資金がない、契約条件が厳しいなど、制約が多く難しいものでした。その中でも、成功確率を高めるために、いろんな手を打ち、人を動かしていく様子が描かれています。

お金の話が中心なので、ピクサーの創造性とは違うのですが、経営戦略や資金獲得、ディズニーとの契約交渉など、裏方の仕事の様子が描かれていて、生々しく面白かったです。

 

スティーブジョブズとのやりとりも面白いですね。経営権を少しでも手放すのが嫌でストックオプションを渋る様子とか、逆にプレゼンに命をかけるところとか、スティーブ・ジョブズの顔が見えるのは、それだけで面白いものです。

それ以外にも、制作のディレクションを経営が管理するか、という意思決定の話や、エンドロールのエピソードも好きでした。経営やファイナンスなどのケーススタディとして、良い本だなと思います。