各党のTwitterアカウントをテキストマイニングしてみた

衆議院議員選挙が始まりましたね。いろいろな要素で盛り上がっていますが、各党のTwitterアカウントがどのように運営されているのかを知りたくて、テキストマイニングしてみました。各党の分析結果を示す前に、全体としての共通事項を述べておきます。

  • 演説に関する宣伝情報が多い
  • 党首の名前が多い

これはどの党でも共通しています。それを踏まえても、少しずつ党のTwitterアカウントの運営方法が違う点がわかると思いますので、ご覧くださいませ。

 

分析の前提

各党の公式Twitterアカウントのツイートを、10/13AM時点で2000件程度抽出したものを分析しました。細かい技術的な点は省きますが、品詞は名詞のみにするなど、ある程度はわかりやすくするためデータを省いています。

 

自民党は「これまでの実績アピール」

与党第一党の結果です。

自民党広報(@jimin_koho)さん | Twitter

jimin_koho

前述した共通事項に加えて、「アベノミクス」や「5年間の実績」「閣僚」などが含まれており、政権与党ならではの文言が並んでいますね。

こういうツイートですね。

「直滑降」や「ストリーム」というのは、選挙開始前の広報として「直滑降ストリーム」という番組をやっていたからですね。

 

公明党は「政策アピール」

次は公明党です。

公明党広報(@komei_koho)さん | Twitter

koumei_koho

「教育」「負担」「軽減税率」「社会保障」など、政策としてアピールするポイントが投稿に含まれているのがわかります。

同じことを投稿するわけではないですが、このような投稿に、政策との関連を紐づけて投稿されているのが多いですね。

 

希望の党は「演説の最新情報」

次は、新しい希望の党です。

希望の党(@kibounotou)さん | Twitter

kibounotou

並んでいるキーワードからは、政策の内容よりは演説の場所や動画など、最新情報を伝える場として使っているようですね。

 

立憲民主党は「支援者募集」

Twitterのフォロワーが自民党を抜いたことが話題になりましたが、10/13時点で17万人を超えています。

立憲民主党(@CDP2017)さん | Twitter

CDP2017

キーワードとして「まっとう」「BOTTOM DEMOCRACY」なども見えますが、何より「ボランティア募集」や「個人寄付」という言葉が目立ちます。立ち上がったばかりということで、体制を作りながら選挙活動しているという感じでしょうか。

それ以外にもタイムラインをみると、返信も積極的に行っており、インタラクティブな運用が行われているのがよくわかります。

 

共産党は「動画でアピール」

次は共産党です。

日本共産党(@jcp_cc)さん | Twitter

jcp_cc

「とことん共産党」ということで、様々な動画が投稿されています。

演説などの情報は少なめで、アピールしたい内容を動画で伝えるというのは、新鮮な印象です。

 

社民党は「演説情報と時事ニュース」

次は社民党です。

社民党OfficialTweet(@SDPJapan)さん | Twitter

shamintou

選挙が始まる前は、時事ニュースと政策を関連づけた投稿が多かったようで、「NHKニュース」や「Yahooニュース」というキーワードが多くなっています。

選挙開始後は、演説情報が中心になっていますが、沖縄のヘリ墜落に関する投稿を行うなど、時事ニュースとの関連も続いています。

 

日本のこころは「フランクな運営」

最後は日本のこころです。

日本のこころ(@nipponkokoro)さん | Twitter

nipponkokoro

ぱっと見は、演説に関する情報が中心かなと思うのですが、「消費税マイレージ」などの政策のキーワードも見られます。

実際にタイムラインをみると、リツイートや返信が結構多く、フランクに運営されていることがわかります。

 

民進党も・・・

気になったので調べてみたら、民進党のTwitterアカウントもまだ活動しているんですよね。

民進党(@MinshintoNews)さん | Twitter

MinshinNews

代表などの演説情報が中心のようです。

ということで、一通り各党のTwitterアカウントの運営状況を見てみました。それぞれ違いがあって面白いですね。Twitterは短文でリアルタイム性が強いメディアなので、選挙で端的にアピールする用途で用いられますが、小さい政党と言われているところでもフォロワーが多かったりします。選挙行動にネットの影響が増しているといわれている中で、どういうマーケティングを行うのか注目したいところです。

他の観点でも分析してみると、いろいろ面白いことがわかりますね。

kibounotou

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!