「良いプレゼン」の要素集 – 【書評】スティーブ・ジョブズ脅威のプレゼン

少しタイミングとして出遅れた感があるが、今更ながら読んでみた。やはり良い。
スタンフォード大学のスピーチにしても、iPhone発表時の基調講演にしても、見ていて気持ちが良いものだ。その秘密がこの本に書いてある。

日頃、少なからず資料をつくり相手に説明する立場にあるだけに、反省すべき点が多い。

相手が抱いている問題を提起できているだろうか?
それに対する解決策を提示できているだろうか?
重要なポイントが明確になっているんだろうか?
余分な情報で混乱や退屈を招いていないだろうか?

そして、相手の期待に応え、超えるために十分な練習をしただろうか。

現実は難しい。それでもそれをできる人はいる。少しずつでも見直したいなあ。資料作って説明する機会が多い人は、一度は読んどけって感じ。

本の中に出てた、Slideshareのコンテスト入賞作品をみれば、良いプレゼンというのはどういうものかイメージできる。上達するには、良いプレゼンを見る機会を増やすこと。
World’s Best Presentation Contest 2009 sponsored by Adobe Acrobat 9 on SlideShare

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です