LUMIX GF1で撮影できる動画について調べてみた

LUMIX GF1を購入してから、写真は結構撮っているけど、動画はあまり機会がない。でも、そもそも動画が高画質で、かつ撮りやすい操作性を兼ね備えているからLUMIX GF1を買ったのだ。
 
で、動画について無知だったので、調べてみてわかったメモ。
 
 
ハイビジョン・ムービーとは
 
ああ。動画のフォーマットとか考えたことはなかった。「ハイビジョン・ムービー」とCMで謳っているけど、それが何を示すかもよく知らなかった。
 
ハイビジョン・ムービーとは、AVCHDという規格の動画記録フォーマットのこと。容量が小さくても高画質を実現できるらしい。ハイビジョン・テレビにつなげば、ハイビジョン動画がテレビで見れる。なるほど。
AVCHD – Wikipedia
 
 
ハイビジョン・ムービーはPCで扱いづらい
 
動画を取り込もうとして気づいたが、SDカードに保存された状態では、動画ファイルは「.mts」となっている。これを、LUMIX GF1付属のアプリケーションで取り込むと、「.m2ts」に変換された。どっちも知らん。
 
LUMIX GF1付属のアプリでそのまま再生や編集は多少可能だが、なんせ汎用性が低い。付属アプリがないと再生すらできない、ということは、誰かにあげるとなると、そのままでは渡せないわけだ。DVDで焼くか、ファイルを変換するか。うーむ。
あと、FlickrやYoutubeに対応していない規格であること。これも、保存や共有を目的とした場合に不便だ。
 
 
LUMIX GF1で撮影できる動画のフォーマットは2種類ある

ハイビジョン・ムービーが大々的に取り上げられているが、もうひとつMotionJPEGなる動画のフォーマットがある。
概念としては、JPEGをつなげたものであり、圧縮率が低いものの、扱いやすいのが特徴だそうだ。拡張子は「.avi」か「.mov」。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Motion_JPEG
 
こちらであれば、汎用性は上がる。FlickrやYoutubeにも対応している。
 
 
AVCHDとMotionJPEGを比べるとどんな感じなのか?
 
まあ、素朴な疑問ですよね。とりあえず、ファイルサイズはMotionJPEGの方が大きくなりそうなのはだいたい予想できるけど。
ネットで検索したら、ありましたよ。比較した動画。


カジュアルムービーな生活 MotionJPEG撮影サンプル

 
見比べると、MotionJPEGの方がちょっと淡いね。自分の好みとしてはAVCHDだなあ。
ただ、実際撮ってみればあんまり変わらなさそうなので、当面は扱いやすいMotionJPEGで撮影することにする。AVCHDがもうちょっと扱いやすくなったら、ハイビジョン・ムービーでも撮影しよう。

 

LUMIX GF1で写真を楽しむ本
岡嶋 和幸
インプレスジャパン
売り上げランキング: 564

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です