【買ってよかった】おすすめのマウスは「ロジクールM705t」

Logicool M705t

皆さんは、普段PCのときにどんなマウスを使っていますか?

僕はほとんど毎日PCでマウスを使っているのに、数年前に買ったミニマウスをずっと使っていました。特に困っていなかったので。

ただ、ふと動きが鈍いなーと思ったのがきっかけで、新しいマウスに買い換えようと決意した次第です。

最新のマウス動向がどうなっているのかわかりませんでしたが、少し調べて、ロジクールのM705tという機種にしました。

価格は普通だと思います。

マウスに強いこだわりがあるわけではないのですが、今回は以下2つの条件を付けました。

  • 無線対応
  • レーザー式

これに対応しているマウスとして、ロジクールのM705tにしたのです。

 

ロジクールM705tの良いところ

マウスパッドがなくても操作の滑りが良い

まずレーザー式なので、非常に滑りが良いです。マウスパッドは使っていませんが、滑らかに動かすことができます。全く違和感や認識しづらさなどはありませんね。

 

スクロールは高速と通常で切り替えられる

真ん中にあるスクロールホイールは、2段階に調整できます。最初よくわからなかったのですが、スクロールホイールの上にあるボタンで、高速スクロールか通常スクロールかを切り替えられます。長いページなどをみていてスクロールを素早く動かしたいときは高速スクロール、それ以外は通常スクロールが良いんじゃないかと思います。ちなみに、高速スクロールでは微妙な位置合わせが苦手なので、気をつけてください。

 

左側面にあるボタンはブラウザでの操作を快適にする

左側面についているボタンで、ブラウザの「戻る」「進む」を行えます。個人的にはよく「戻る」ボタンを使っていますね。意外に、ボタンひとつで「戻る」ができると、わざわざマウスで「戻る」をクリックしたり、バックスペースキーを押すより速くアクションできるので、ストレスが軽減されました。

 

無線だけど電池が3年持つのでほとんど交換しなくて良い

あと、M705tは電池が長持ちすることが売りのようですね。3年間持つといわれています。それほど電池が持つなら、無線でも全く問題ないかなーと。

 

最近のマウスの世界

そもそも、マウスって何を基準に選ぶでしょうか。僕はまずは感度ですね。

マウスを動かしたら、正確にディスプレイ上で狙ったところにカーソルが移動して欲しいですよね。感度を決めるのは、マウスの下にあるセンサーなのですが、これがいくつか種類があります。

マウスの光学式、レーザー式、青色LEDの違いは? – Excite Bit コネタ(1/2)

光学式というのが少し前のもので、今はレーザー式が多いようです。レーザー式の方が感度が良いのですね。というわけで、今回はレーザー式を選択することにしました。

あとは、無線ですね。これももう当然だと思っています。ケーブルなんて邪魔くさいし、これがなくなることでデスク周りがすっきりします。

 

今後のマウスの世界

ロジクールが考える今後のマウスの世界に関する記事がありました。ロジクールってマウスで有名ですが、スイスの会社なんですね。

今後のマウスなどの入力装置が考えなければいけないのは、スマホなどのデバイスが使われる比率が高まっており、タッチ形式で操作する場面が増えていることです。PCとスムーズに操作をつなげたり、人間がストレスなく操作できるようにするのが今後のマウスの行く先ですね。

ロジクールが考える、これからのマウスが考えなければならないポイント ~「ユーザーにとってタッチの感触が興味の的」 – PC Watch

ちなみに、タッチ用のマウスが登場しています。Appleのトラックパッドみたいなものですかね。

これはこれで、一度使ってみたい気がします。

 

さて、マウスを買い替えてしばらく経過しましたが、使いやすくて調子が良いです。手の中にすっぽり収まる感じも使っていて気分が良いですし。

日々使うなら、道具にはこだわるべきですし、マウスは数千円でできる投資なのでお手軽で良いです。最近買い換えていない人はどうぞ。

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です