ニトリの通販サイトが5日以上ダウン。機会損失はどれくらいか?

ニトリの通販サイト「ニトリネット」が、数日間ダウンしています。

ニトリは、公式通販サイト「ニトリネット」で6月17日にリニューアルを行ったところ、リリース時に一部のプログラムでエラーが発生し、不具合が起きたと発表した。サイトはメンテナンスが続いており、5日経った22日午後4時時点でも再開していない。同社によると、23日午前10時の復旧を目指して作業を続けているという。

ニトリ通販サイト、リニューアルで不具合5日経っても再開できず – ITmedia ニュース

スクリーンショットもとっておきました。

nitorinet

17日から23日の午前なので、ざっくり計算しても6日間はニトリネットにアクセスできず、もちろん買うこともできない状態でした。

SimilarWebでみると、ニトリネットは月間で100万アクセスぐらいはあったようです。

similarweb_nitori

また、ネット通販の売上の伸びも好調で、4年の間に2倍以上に成長しています。

nitorinet_sales

参照:ニトリHD、通販売上が100億円突破、送料無料サービスなど奏功通販新聞

結構力を入れてきていて、売上も伸びていたんですね。この状況でざっくり計算すると、今回の通販サイトの障害は、1~2億円ぐらいの機会損失になるかもしれません。

サイト停止が長引いてしまった原因はどのあたりにあるのか

リニューアルの目的は、主に配送側の業務効率化にあったようです。つまり、ちょっとした画面やUIなどの更新だけではなく、業務管理側の情報連携がメインだったんですね。

リニューアルは、サイトのグローバル対応やレビュー機能の実装、店舗在庫の閲覧機能、配送との連携機能などを追加するものだったが、リニューアル作業を委託した外部企業のプログラムに問題があったほか、サーバのCPU不足が原因で不具合が発生。サーバを入れ替え、CPUを強化するなどの対策を行った。

ニトリ通販サイト、リニューアルで不具合5日経っても再開できず – ITmedia ニュース

リニューアル前のニュース記事はこちらですね。

ニトリが6/17ECサイトをリニューアル、配送計画の自動化を実現へ | ネットショップ担当者フォーラム

注文状況に応じて配送計画を自動で作成することで、注文後の配送業務を効率化する狙いがあったようです。原因は、この配送自動化のクラウドサービスではないと報道されているので、今回の障害には関係ないようですが。

テストや移行検証はどの程度やったのか、とか本当の原因まではわかりませんが、システム更新などを知っているIT界隈の人たちは、「現場は徹夜で寝てないんだろうな」という、なんともいたたまれない気持ちになる案件です。

6/23復旧見込】ニトリネットショップ障害 6/17から週をまたいで対応中 – Togetterまとめ

ニトリだと、スラックス用のハンガーを愛用してます。激安で、しわにもなりにくいので良いです。