経済学を独学で学ぶためのおすすめ本

経済学というのは、一見とっつきにくく、一方で日頃のビジネス活動やニュースにも深く関連しています。経済学を学ぶと、この市場がどういう理論で構成されていて、政府や大企業だけでなく、日頃のビジネスにおけるパートナーや競合企業との関係についても、示唆を得られることでしょう。

経済学の基礎を学ぶならこちらから

まずは、これらの基礎的な本を読んでみてください。「難しい」というイメージを払拭してくれるはずです。

入門経済学 第4版

上の2冊で概要を理解したら、今度はぜひこの一冊を。何度も改訂を重ねながら、20年以上も読まれている入門書です。わかりやすい説明、経済学が適用できる具体的な事例、ミクロ・マクロ経済学以外にも、ゲーム理論など様々な経済理論もカバーされており、基本を理解するのに十分な一冊です。
この世で一番おもしろいミクロ経済学――誰もが「合理的な人間」になれるかもしれない16講
いろいろ難しい本を読むぐらいなら、この漫画本を読む方がすっきりと理解できる。
この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講
「この世で一番面白いミクロ経済学」のマクロ経済学編。マクロ経済学の方が難解なイメージがあるけれど、この本で読むとすっと理解できる。ミクロ編と合わせて読むと、ミクロ/マクロの違いも含めて経済学の全体像が理解できる。

さらに経済学の奥深さを学ぶならこちらから

この世で一番おもしろいミクロ経済学――誰もが「合理的な人間」になれるかもしれない16講この世で一番おもしろいミクロ経済学――誰もが「合理的な人間」になれるかもしれない16講
いろいろ難しい本を読むぐらいなら、この漫画本を読む方がすっきりと理解できる。
この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講
「この世で一番面白いミクロ経済学」のマクロ経済学編。マクロ経済学の方が難解なイメージがあるけれど、この本で読むとすっと理解できる。ミクロ編と合わせて読むと、ミクロ/マクロの違いも含めて経済学の全体像が理解できる。
経済古典は役に立つ (光文社新書)経済古典は役に立つ (光文社新書)
古典から読み解く、現在の経済学。歴史によるつながりがわかって、非常に頭が刺激されます。
ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
少し前からのトレンドは、やはり行動経済学です。この本は少しヘビーなのですが、たくさんの発見がありました。

「経済」に関する分析記事もご覧ください!