記事を音声で読み上げるiPhoneアプリ「Lisgo」が感動した

Lisgo – Listen later app for Pocket
[scshot url=”http://lisgo.org/”]

後で読むアプリ「Pocket」に登録された記事を、音声で読み上げる「Lisgo」というのがあって、使ってみたらとても実用的で感動した。

Lisgoを使ってみた感想

Lisgoをインストールすると、Pocketに登録された記事が表示されて、再生ボタンを押すと音声が始まる。要はこれだけ。非常に簡単。そして、何より無料。

当然ながら、イントネーションはちょっとおかしい。けど、十分聞ける。例えば「IT企業」は「イットきぎょう」と言ったりするので、聞きながら多少の推測は必要。自動で次の記事にもいけるので、流し聞きもしやすい。

サービス設計も良い

どういう仕組みになっているのかは専門外なので全くわからないけど、インストール時に合わせて60MB弱のファイルを最初にダウンロードする。必要なのはそれだけっぽい。再生するだけならオフラインでも可能。提供する側としても使う側としても簡素な仕組みになっている。

Pocketで登録された記事にしているのは、Pocketであれば、それなりに長い記事が登録されるのと、文章以外の無駄な情報が削られているので、余分な情報を読み上げてしまうリスクを下げられるという点で、Lisgoと相性が良いのだろうと思う。少し探したら開発者ブログがあった。最初はブラウザベースだったみたい。
Lisgoのターゲットを絞って作り直すといい感じになってきた | 拷問iPhoneアプリ開発
Lisgoフリーミアム版が出たので、野望を語る | 拷問iPhoneアプリ開発

アプリ自体は無料だけど、再生時間は一日20分に限定されている。これはTwitterやFacebookにシェアすると無料時間が増える。有料になると、再生時間の制約はなく、オフラインでも再生できるようになる。という、フリーミアムモデル。

iPhoneのSiriといい、音声周りの技術は、どんどん実用的になっている。iPhoneでも音声入力を使っているが、フリック入力より早いし、音声の認識も優れている。電話と音声はそもそも相性が良いし、今後も音声系のアプリは増えていくのかもしれない。そうやって生活がまたひとつ便利になるといいなあ。

Pocketの記事読み上げ – LisgoはPocketのWeb記事を自動音声で朗読します 1.43(無料)
カテゴリ: ニュース, 教育
販売元: Umemoto Non – Umemoto Non(サイズ: 9.7 MB)
全てのバージョンの評価: (45件の評価)
iPhone/iPadの両方に対応