自分の知らない世界を知ろう

友人に「ここに、自分の知らない世界がある。全然違う。」と言われ、比較的影響されやすいので、すぐ買って読んだ。確かに、ここには自分の知らない世界がある。

世間一般から言えば、エリートみたいに言われるのだろうか。全く自分が知らない世界が見えた。詳しくは読んで欲しいが、主にハーバードビジネススクールで学ぶ体験談を書き綴ったブログを編集したものである。

いろいろ考えさせられたが、最後のキャリアについてが一番刺激が強かった。 自分が進むべき方向が見えていなければならない、なんてよくビジネス書に書いてある。でも、一生愛せる仕事に出会うなんて、実は難しいことなのだと、実際仕事してみて強く思う。自分がやりたいことってものを明確に描いて、そこに向かって全力疾走する。でないと、夢なんて達成できないぜ。なんとなくわかるけどさ。そんな簡単に見つからないよ。

でも、そんな深く考えなくてもいいのかもしれない。 「プランド・ハップンスタンス・セオリー(計画的偶発性理論)」なるものが気持ちを 少し和らげてくれる。簡単に言えば、キャリアなどはいろんな偶然があって形成されていく。 だから、目の前に現れた機会を利用し、時にはうまく受け流し、 キャリアを形成していく、という考え方だ。

もうひとつ刺激を受けた言葉が。 「ゴールではなく、プロセスを楽しむ」のだ。 人生は長い。どこかにゴールを設けるのではなく、 今その一瞬を楽しむ方向に自分の心を向けていく。 素敵だな。そういう生き方をしたい。

新しい世界を知る、良い本だ。

ハーバードMBA留学記 資本主義の士官学校にて

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です