再生可能エネルギー法案で、電気代はどうなるの?

再生可能エネルギー法案がいろんなところで議論されている。賛否両論巻き起こっているみたいだけど、どうなんだろ。

Q 買い取り期間や価格は決まっているの?

A いずれも決まるのは法案成立後です。期間は、家庭の太陽光の場合は現行制度と同じ10年間と決まっていますが、その他は15~20年の範囲で決めます。価格は、太陽光以外は1キロワット時あたり15~20円の範囲で決めます。太陽光は発電システムのコスト低下が進むと予想されるため、年度ごとに決めます。家庭の太陽光は現在同42円ですが、12年度は同30円台後半程度に下がるようです。いずれにせよ、現在の業務用の電気料金は同11~14円程度なので、電力会社は高めの価格で買い取ることになります。

Q 電力会社も大変だ。

A いえ、電力会社は高く買い取った分を電気料金に上乗せできます。制度導入10年後には、上乗せ負担額は標準家庭で月150~200円程度と試算されています。普及のためには電気代が高くなるのも我慢して、という法案なのです。

via mainichi.jp

産業政策で補助金なり貿易規制を与えるときは、その産業を国策として保護・育成していくということなんだと思うんだよね。再生可能エネルギー法案というのは、そういう形を明確につくろうということだと思うんだけど、税金を投入して、産業としてペイされるまでにどの程度の期間が必要なのだろう。

武雄市長物語 : 再生可能エネルギー法案は通せ。

自然エネルギーの不都合な真実 : アゴラ – ライブドアブログ

¥ 780

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です