居酒屋業界の現状と今後の動向を調べてみた

このブログでたびたびワタミのことを取り上げてきました。

損保ジャパンがワタミの介護事業を買収する理由 | Synapse Diary
ワタミの居酒屋戦略が発表。業績の復活なるか | Synapse Diary

ワタミは最近、新たに出資を受け入れ、業態転換を図るようです。

ワタミが保有する自社の発行済み株式約10%のうち、数%程度を売却する見通し。神明ホールディングは回転ずしチェーンの元気寿司を傘下に持っており、ワタミの事業立て直しにノウハウを生かす。

ワタミに神明HDが出資へ コメ卸大手、傘下に元気寿司:朝日新聞デジタル

ワタミはいろんな意味で象徴的存在なので注目されていると思うわけですが、そもそも居酒屋業界全体がどうなっているのか?というところを見ておきたいと思います。

 

外食産業全体の動向

まずは外食産業全体の市場規模を確認します。

外食産業市場規模の推移
(出所:公益財団法人 食の安全・安心財団 外食産業規模推計値

外食産業全体でみれば、長期的には平成9年頃のピークから低下しているものの、直近は下げ止まり、回復傾向にあることがわかります。

次に居酒屋業界の動向をみたいわけですが、統計資料がちょっとわかりづらくなっています。

同じ統計資料の中に、食べ物主体(給食主体)と食べ物・飲み物両方が主体(料飲主体)とに分かれていますので、料飲主体部門だけの市場規模をみてみたいと思います。ちなみに「料飲主体」には、喫茶店、居酒屋・ビアホール、料亭、バーなどが挙げられています。

料飲主体部門の市場規模の推移

上の外食産業全体のグラフと見比べて欲しいのですが、明らかに下がり幅がこちらの方が大きいんですよね。みんな酒なんか飲まなくなってるんでしょうか?

もうひとつ統計データを見てみましょう。外食産業の中で、ファミレス・ファーストフード・居酒屋の業態が、どのような売上状況になっているかを見てみます。日本フードサービス協会に、前年同期比として売上高の推移がありますので、その数字を拾いました。

外食産業の売上高前年同月比
(出所:一般社団法人日本フードサービス協会

これを見ると、ファミレスは好調、ファーストフードは盛り返し、居酒屋は前年割れの不調という状況がわかります。

 

居酒屋業界の競争環境

次に居酒屋業界のプレイヤーを確認します。以下は、主要な会社の売上高を並べたものです。データは「会社四季報 業界地図 2016年版」から引用しました。

居酒屋業界の企業売上高
(出所:会社四季報 業界地図 2016年版

こうやってみると、ワタミは業界3位です。

また、各企業の営業利益率の推移も見てみます。モンテローザは業界としては1位ですが、上場していないので未掲載で、ワタミは他の業態も含んでいるので注意が必要ですが、

居酒屋業界の営業利益率の推移

それでもワタミの利益率がすごい落ち込んでいるのがわかります。

市場が縮小していく中で、競争が激しくなっており、他にも様々な異業種が乗り込んできています。業界の動向を象徴する、ホリエモンの発言を記事にしたものがあったので引用しておきます。

コンビニエンスストアが、自炊をしない、主に単身層のマーケットに力を入れていることが大きな理由だろう。さらに激安ファミレスでのファミレス飲みが流行っているのも、理由の一つにあげられる。コンビニは、全国にチェーン展開をして、大手の資本力でメニュー開発も大規模に資本を投下して行うことができる。もちろん和民も大手だが規模が違う。さらに激安のファミレスも居酒屋チェーンに比べると値段が安い。コンビニで売られているようなレベルの値段で、お酒を頼めばまるで居酒屋のように楽しむことが可能だ。

ホリエモン「寿命を迎えつつある居酒屋とは」 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版

コンビニやファミレス、ファーストフードが競合として市場に参入していることが、居酒屋業界の競争を激しくしています。鳥貴族など専門店は勢いがありますが、「総合居酒屋」は特徴を出しづらくなっているのが、総合スーパーの衰退とつながる感じです。

 

今後の居酒屋業界はどうなるのか

そんな中で、こんなツイートがありました。

元記事をみると、確かにこう述べられています。

「地方と都市部との位置づけも違います。東京のど真ん中では、(幅広いメニューをそろえた)総合居酒屋の時代は終わったと思っている。でも、地方では総合居酒屋が必要な地域はいっぱいある。そうしたところでは、和民だから行く、という声をたくさん聞く。だから、全体の数字というよりも個々の事実を確認しながら、個々に対策を打つべきだと思っています。きめ細かいマーケティングができるかできないかが、これからの勝負だと思います」

ワタミ渡辺氏 「私は戻らない。つぶれるなら別だが」  :日本経済新聞

東京では既に総合居酒屋という業態は役目を終えており、地方はまだあるということでしょうか。飲食店は常に業態を変えて、時代のニーズに合わせた業態を開発していく必要があります。今は専門店の方が受け入れやすい流れがあり、総合居酒屋の低価格路線は終わったということでしょう。

 

まとめ

  • 居酒屋業界という市場は、全体的に縮小傾向にある
  • コンビニやファーストフードなどの異業種が競合になっており、競争環境は激化している
  • 市場のニーズが変わってきており、きめ細かいマーケティングと新しい業態開発が必要

 

今日はこのへんで。

損保ジャパンがワタミの介護事業を買収する理由 | Synapse Diary
ワタミの居酒屋戦略が発表。業績の復活なるか | Synapse Diary

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!