1万円で買える。簡単に自宅で挽きたてコーヒーが飲めるメーカー「siroca crossline」

コーヒー好きな方に朗報です。

1日に少なくとも1杯はコーヒーを飲むのですが、以前から気になっていたコーヒーメーカーを買いました。

で、使って数日が経ったのですが、本当素晴らしいですね。これ。

  • 家で挽きたてのコーヒーを飲みたい
  • できるだけ飲むための手間は少なくしたい

という人には、すごいオススメです。ちなみに、今まさにコーヒーを飲みながらこの記事を書いてます。

 

コーヒーはやっぱり挽きたてが良い

コーヒーは挽きたてが美味しい、ということがよく言われますが、挽きたてとそうでないものとでは何が違うのでしょうか。

それは味や香りの劣化です。

コーヒー豆は、挽くと酸化が進行し、味も酸味を帯びてしまいます。香りも劣化します。喫茶店やカフェに行けばわかりますが、すごいコーヒーの香りが強くしますよね。それは、コーヒー豆をそこで挽いているからです。

このマシンを買って何が一番嬉しかったって、コーヒーの挽きたての香りを家で感じられることですね。朝起きて、家の中で良いコーヒーの香りがあるというのは、何とも言えない至福の時です。

最初は、この後書くような、手軽に美味しいコーヒーが飲める、コスパも良い、というところを期待していたのですが、それ以上に、コーヒー豆を取り出す、コーヒー豆を挽く、その過程で感じるコーヒーの香りが、テンションを上げてくれるのです。

 

ボタンひとつで豆からコーヒーを抽出できるお手軽さ

このマシンの良いところは、お手軽にコーヒーを淹れることができる点です。

  • コーヒー豆をいれる
  • 水を入れる
  • スイッチを押す

この3ステップだけで、挽きたてのコーヒーを飲むことができます。すごい簡単。コーヒーは好きなのですが、手間もかけたくない僕としては、非常に良いマシンです。

手動のミルなどもあって価格も安いですが、

手間がかかるので、忙しい平日の朝に飲む気がしません。。。。

 

コスパがいい

全自動のコーヒーメーカーというのは、以前からあるのです。パナソニック製が有名なのですが、

価格が2万程度と、ちょっと高いんですよね。試しに買ってみたいと思う初心者には二の足を踏むんじゃないでしょうか。それに比べると、siroca crosslineは1万円程度と非常にお手頃です。また、大きさもとてもコンパクトですし、デザインもシンプルでスッキリしてます。

あと、コーヒー豆そのものがコスパが良いです。まだたくさん飲んだわけではありませんが、コーヒー豆は1杯あたり10g程度と言われており、スタバで一番安いものだと250gで1000円ぐらいなので、1杯あたり40円ぐらいで飲める計算です。

なので、コーヒーをたくさん飲む人なら、コーヒー豆のまま買って挽いて飲んだ方がお買い得です。

 

ここはちょっと・・・

べた褒めすぎるのもなんなので、ちょっとと思うところを。

簡単といっても、インスタントに比べれば洗うものは増えます。インスタントの場合、ドリップして捨てたら終わりなので。

あと、数十回のうちの2回ぐらいですが、うまくドリップされない時もありました。これは、ドリップするところにコーヒー豆のカスが詰まってしまうことが原因でした。まあ、どうしてもコーヒー豆を挽いて使うものなので、時々はこういうことも起こるのは仕方ないのかもしれません。

それ以外は、特に不満はありません。

 

コーヒー豆は、キャニスターで保存すると劣化しにくいと言われています。そのため、無印の保存ビンを買いました。こういうピタッと蓋が閉まるのが良いと思います。コーヒー豆250gは、1Lタイプで十分入りました。500mlタイプだったら入らないかもしれません。

というわけで、siroca crosslineの全自動コーヒーメーカー。コーヒー好きの方は、ぜひお試しあれ。

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!