Amazonプライムの凄さを説明します

最近のAmazonの破壊力はすごいですね。AmazonプライムビデオとfireTVの発表は、Amazonの凄さを再認識しました。

特にAmazonプライムのサービス拡充がすごいです。いろんな施策を講じて、Amazonプライムの会員数を増やそうとしているのがわかります。

現在のプライム会員の特典はいくつかあります。

Amazon.co.jp: Amazon Prime

ざっと挙げると、こんな感じです。

  • 配送無料&お急ぎ便
  • Kindleオーナーライブラリー(毎月無料で1冊貸し出し)
  • 先行タイムセール
  • プライムビデオ

なんで年会費5000円で、こんなにサービスを受けられるのでしょうか?不思議に思いませんか?

プライム会員になると、Amazon以外から購入しなくなる

Amazonがプライム会員を増やそうとするのは、とても単純な理由です。

アマゾンの創業からの歴史を描いた「ジェフ・ベゾス 果てなき野望-アマゾンを創った無敵の奇才経営者」に、プライム会員について、こう書いてあります。

当時のアマゾン社内に詳しい人物によると、プライムの会員になると買う金額が平均で倍になったという。

すごくないですか?プライム会員は平均購入額が倍になるんです。

ちなみに、この記載はまだアメリカでプライム会員を始めた頃のようで、Kindleオーナーズライブラリーやプライムビデオなど、今ほどいろんなサービスが充実していなかった頃です。

同書では、ベゾスの発言としてこう書かれています。

「79ドルというお金が欲しかったわけではありません。ほかで買い物をしなくなるように人々の意識を変えることが目的だったのです。」

配送料が無料で、すぐに配送してくれるなら、購買体験が快適になります。そうやって、Amazon以外から購入する気をなくすことが、プライム会員の目的なのです。

プラットフォームとしての魅力が増していく

Amazonは、売り手と買い手を結ぶプラットフォームでもあります。その中で、フルフィルメントという、出品、在庫管理、配送を代行するサービスもあるのです。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonフルフィルメントセンターの紹介

先ほどのベゾスの本によると、プライム会員が増えることで、Amazonのフルフィルメントセンターを使う出品者が増える、と書かれています。

たくさんのカテゴリーからたくさんの商品を買うプライム会員が増えると、商品をアマゾンに置き、フルフィルメントセンターから配送してもらおうと考える売り手が増える。この形ならプライムの2日配送が使えるからだ。

プライム会員が増える
→配送への要求が高くなる
→フルフィルメントセンターを構築
→出品者がフルフィルメントセンターを利用
→ユーザーが迅速な配送サービスを受けることができる

という好循環が生まれています。プライム会員というのが、Amazonというプラットフォーム全体の価値を高めるものとして、戦略上とても重要になっています。

ちなみに、同じようにプラットフォームを運営している楽天は、物流改革を行おうとしてきた経緯があり、自前で行うことを諦め、つい最近ヤマトと提携しました。

News & Trend – 楽天、独自物流構想の果てのヤマト提携:ITpro

無料サービスの増加による囲い込み

Amazonプライムは、どんどん新しい特典が増えています。日本で最近追加されたプライムビデオについても、競合に対する強力な差別化になるでしょう。

またも「ジェフ・ベゾス 果てなき野望-アマゾンを創った無敵の奇才経営者
」から紹介します。

無料とした理由を、ベゾスは、DVDの販売が落ちている状況で、年会費79ドルのプライムを支え、さらには補強するために必要だからと社内に説明していた。だが、プライム・インスタント・ビデオにはほかの役割もあった。ネットフリックスが月額5ドルから8ドルで提供しているものをアマゾンは追加特典として提供しているわけで、大きなライバルに圧力をかけ、エブリシング・ストアの重要なセクションを奪われないように守る効果が期待できる。

結局、プライム会員という枠の中で様々な特典を付けていくことが、ネットフリックスなどの個別サービスに対抗になっています。こうやって様々なジャンルをプライムでカバーしていくことで、ユーザー離れを防いでいく戦略になっています。

 

個人的には、最近Kindle Fire端末も購入し、ますますAmazonでの買い物、読書、映画の鑑賞が快適になっています。どっぷりはめられている感じです。

Kindleの新しいFireタブレットが5000円とかコスパ高すぎ

これもユーザーの利便性を追求していくことで、どんどん囲い込んでいくという、見事な戦略です。まだプライム会員になっていない方は、こちらからどうぞ。

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!