FacebookのLike Boxは仕様変更で使えなくなります。早いうちに変更を

geralt / Pixabay

Facebookページを自社Webサイトなどに貼り付けたい場合に、これまではLike Boxと呼ばれるものを貼る人が多かったと思います。

しかし、Facebook側の仕様が変わり、6月24日からこのLike Boxが使えなくなります。実際、Like Boxのページにいくと、以下のようなメッセージが表示されています。

likebox

Facebook Like Box

今後もFacebookページを自社サイトに貼りたい場合は、Like Boxの代わりとして、Page Pluginというものを使う必要があります。以下がその手順です。

 

Page Pluginのページにアクセス

まず、新しくなったPage Pluginへアクセスします。

Page Plugin

 

ページの設定を実施

以下のようなページがありますので、各種設定します。

pageplugin

最低、Facebook Page URLの欄に、FacebookページのURLを入力すれば大丈夫です。具体的な項目は以下です。

facebook page url facebookページのurl
width 幅のピクセル数。最小が280で、最大が500。
height 高さのピクセル数。最小が130。
hide cover photo カバー写真を表示しない
show friend’s faces 友達の顔を表示する
show page posts ページの投稿を表示する

 

コードを取得

準備ができたら、Get Codeをクリック。以下みたいな画面が出るはずです。

getcode

 

 

Facebookアプリを作成していない場合

アプリIDを選ぶ必要があります。もしこれまでにアプリを作ってない場合は、以下のURLを参照してFacebookアプリを作成しましょう。

Facebookタイムライン埋め込み方法2014年版☆ | WEB業界で働く人や興味がある人に役立つ情報サイト“qam(カム)”

 

既に作成したアプリが「Development mode」の場合

作成したFacebookアプリが、「Development mode=開発者モード」の場合があります。その場合、公開されませんので開発者モードを解除しておいてください。以下のURLを参考に。

2014年版・Facebookとの連携・OGP設定の為のapp_id取得と設定 | WordPressブログ作ってみる?

 

生成されたコードを対象のWebサイトに貼り付ける

貼り付けるコードは2つあります。

1つ目に表示されてるコードは、タグの直後に貼り付けます。「bodyタグって?」という人は以下を参考にどうぞ。HTMLの基本構成で、主にブラウザに表示される部分を書くところです。

<BODY>-HTMLタグリファレンス

2つ目に表示されてるコードは、Facebookページを表示させたい場所に貼り付けます。

 

以上です。

こういう仕様変更には、ちゃんと対応しておかないと古いページになっちゃいますので気をつけましょうね。

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!