WindowsやMacなどOSのバージョンアップサイクルが早くなっている

最近、OSやブラウザのバージョンアップ版が登場するペースが早くなっている気がしたので、実際に調べてみました。

OS 発売年
Windows 95 1995
Windows 98 1998
Windows ME 2000
Windows XP 2001
Windows Vista 2007
Windows 7 2009
Windows 8 2012
Windows 9 2015

最初のあたりは、2~3年サイクルで登場しています。しかし、XPが発表された2001年から次のVistaが登場するまでは6年も要しているのが目をひきますね。その後、Windows 7、Windows 8あたりでまた開発サイクルが短くなっています。

Microsoft Windows – WikiWand

そして、最近Windows 9の開発が発表されました。2015年春に発売予定だそうです。

 

また、Mac OS Xは次のペースで開発されています。

OS 発売年
v10.0 Cheetah 2001
v10.1 Puma 2001
v10.2 Jaguar 2002
v10.3 Panther 2003
v10.4 Tiger 2005
v10.5 Leopard 2007
v10.6 Snow Leopard 2009
v10.7 Lion 2011
v10.8 Moutain Lion 2012
v10.9 Marvericks 2013
v10.10 Yosemite 2014

OS X – WikiWand

Macの方が開発サイクル早いですね。最近は1年に1回バージョンアップしている感じです。

WindowsとMacのシェアがどの程度かというと、今でもWindowsの圧勝です。ただ、少しずつですがMacのシェアが伸びていて、差は確かに縮まっています。

ASCII.jp:XPサポート終了! パソコンのOSのシェアは?|高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」

 

コンシューマライゼーションの波

初代iPhoneが発表されたのが、2007年です。それから、ユーザーインターフェースに変化が訪れ、またスマートフォンなどPCと密接に連携していくようになります。僕の印象では、AppleはLionあたりからその点を強烈に意識した作りを出すようになったと思っています。

一方のWindowsは、やはりPCユーザーメインの作りになっていて、Windows 8でタッチパネルの操作性などを意識した新しいユーザーインターフェースが導入されることになりました。

いわゆるコンシューマライゼーションの波がきて、それまでPCで培われていたインターフェースなどの考え方は、大きく転換してきています。このあたりは、Windowsはシェアがあまりにも大きいこと、AppleがiPhoneでコンシューマーサイドを抑えたことが、OSに対するスピード感や戦略の違いを決めていると思われます。

 

XPのような幸せな時代はもう来ないかもしれない

こうやって整理してみると、XPが使われた期間が突出して長かったことがわかります。PCが普及し、技術やデザインが安定してきた時期だと思った方が良いかもしれません。また、XPはやはりいろんな意味で優れていたのでしょう。

ただ、コンシューマライゼーションによって、スマートフォンやタブレットとの密接な関係を求められたり、セキュリティアタックの高度化によって、あまり長い期間同じOSを使い続けることは、難しくなってきている気がします。

 

エンタープライズ領域はどう対応していくか

正直、結構難しくなっている気がしています。エンタープライズだと主に5年サイクルぐらいで機器更新などを考えるのですが、こうもOSやブラウザのバージョンアップサイクルが早くなると、エンタープライズ側もそのサイクルを早めるか、あるいは仮想化などの技術によって「延命措置」を求められることになります。

ここらへんの管理の考え方は、今後どうなっていくんでしょうかね。

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!