英語多読したい方に伝記シリーズ「Who Was…?」がおすすめ

英語の多読で頑張っている方々へ。あるいは、これから始めようと思っている方へ。

平易な英語で構成されていて、非常に読みやすい「Who Was…?」シリーズがおすすめです。例えば、スティーブ・ジョブズやアインシュタインなどがあります。

英語の多読を続けていくためには、「英語を読んで理解できた」という感覚が非常に重要です。そのためには、伝記が最適だと思うのです。なぜなら、予め簡単に名前や人物像などは知っているけれど、細かいことは知らない、という状態であることが多く、読んでいてイメージしやすいからです。

これが小説の場合だと、最初の場面設定や人物設定など、物語の前提となるところから読みこなさなくてはいけません。まずは英語に慣れていく、という意味では無理して小説を読むよりは、この伝記シリーズを読む方が楽しく読書ができるはずです。

また、100ページ程度で読み終わるまでの量も絶妙で、少し多読に慣れてきた人にはちょうど良い長さです。ぜひお試しください。

ヘレンケラー

ウォルト・ディズニー

J.K.ローリング

他にもたくさんシリーズがあります。よろしければ、どうぞ。

洋書を読むなら、Kindleが便利です。辞書機能が付いているので、わからない単語は読みながらすぐ確認できます。

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!