SlideShareの埋め込みコードをモバイル対応させる

今日はクリスマスだし、さくっとしたネタで。

ホームページでSlideShareのスライドを貼り付けて、スマートフォンからも見られるようにする方法を。メモ書きです。

 

SlideShareの埋め込みコードでは、スマートフォンから見られない

SlideShareでは、Embedで埋め込みコードを作ることができます。これを貼り付ければブログやホームページにスライドを掲載することができるわけです。

ただ、これFlashでできているので、iPhoneなどでは見れません。残念。

 

SlideShareにはモバイル用の埋め込みコードが存在する

諦めていたのですが、SlideShareにはどうやらモバイル用のページが存在します。そこでは、Flashを使わない表示に変換されているようです。

SlideshareのスライドをFlashなしで閲覧する小技 | マイナビニュース

で、このモバイル向けページで埋め込みコードを発行すると、Flashを使わない形式でブログやホームページにスライドを掲載することができます。具体的には以下のステップです。

  1. SlideShareのURLのユーザー名の前に「/mobile/」を挿入してアクセス
  2. 表示されたページの「Embed」から埋め込みコードを取得(Wordpress向けのショートコードではありません)

 

というわけで、SlideShareを使ってスライドをブログなどに貼り付ける人は、ご参考に。モバイルファーストの時代ですしね。

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です