Chrome拡張機能「Speed Dial 2」を導入したらストレスが劇的に低下した

生産性を上げるブラウザといえば、個人的にはChrome一択だと思っています。IE→Firefox→Safariなどといろいろ浮気をしてきましたが、今日まで最も安定していて機能が豊富で、生産性が高くなるのはChromeです。ここ数年はずっと愛用しています。(メモリを食うので使い続けると重いのだけが難点です。。。)

で、Chromeが最近更新されて、スタートページが非常に使いづらくなったのがすごいがっかりしました。アプリを選択するためにはメニューバーにある「アプリ」をクリックしないといけないし。クリックひとつ増えると、ストレスを感じるんですよね。たかがワンクリック、されどワンクリック。

スタートページの表示を、一応元に戻す方法もあります。

Chromeの「おせっかい」な新しい新規タブページを以前の設定に戻す方法 : ライフハッカー[日本版]

 

この際なので、いろいろ探していてスタートページをカスタマイズできるChrome拡張機能「Speed Dial 2」を導入してみました。

Speed dial 2 – Google chrome extension
http---speeddial2

結論としては、なんでもっと早く導入しなかったんだろうという感じです。最初にタブを開いたときのスタートページが抜群に使いやすくなるので、ものすごくストレスが低下しました。

 

特徴としては、以下のような感じです。

  • よく開くページとアプリを1ページで表示することができる
  • 履歴などもスライドして現れるサイドバーですぐに確認できる
  • ボタンに画像が付与されるので、グラフィカルで視認しやすい
  • ブックマークをタブでグループ化して整理することができる

細かい設定や使い方は、以下の記事を参考にしてください。

[ 拡張機能 ] ブックマークは要らない!? Speed Dial 2 で新規タブをオレ色に! | yossense

 

ただ、有料Proアカウントにならないと端末間で設定は同期してくれないので、複数端末使うユーザーとしてはその点はやや不便。それも最初に設定さえしてしまえば良いだけなんですが。

ひとまず、Speed Dial 2はしばらく使い続けています。快適です。

MBA・経営学を独学で勉強したい方へ

MBA・中小企業診断士を取得した経験をもとに、独学で学べる経営学に関する本を集めました。経営・ビジネスに関心がある方は、ぜひ参考に!